堤防からの海釣り仕掛けの種類とは?

堤防から海釣りするときによく使う仕掛けの種類をまとめてみました。
仕掛けから考えることで釣れる魚の種類を把握し、その釣り場にいる魚に合わせて仕掛けを変えることで 魚が釣れる確率を上げることを目的としています。

各仕掛けについての専用の釣具はリンクにて載せていますが、 ここでは一つの魚に的を絞った釣り方ではなく どちらかというとオールラウンドタイプの釣り方を掲載しています。
ロッド(釣竿)、リールはそのままに仕掛けだけを交換することで省エネかつ効率よく 釣りをしようという考えのもとに記述しています。

「エサ釣り仕掛け」

エサ釣り仕掛けは、最もシンプルな仕掛けになります。

釣竿+糸+重り+針+エサ

このエサ釣り仕掛けに浮きをプラスすれば浮き釣り仕掛けとなりますが、 浮きをあえて使わないことで仕掛けを沈める深さ調節が容易にでき、 狙った魚の目の前に仕掛け(エサ)を落とすことができます。

つまり、目の前の魚が目視で確認できる場合に最適な釣り方の一つになるので、 まず先に魚を見つける必要があります。
漁港や堤防などの岸際で魚を見つけることができたり 海水が透き通っている浅場で海の底にとどまっている魚などが見つけやすいです。
見つけられる魚は、アジ、サバ、イシダイ、ハゼ、ヒラメ、カレイ、チンチン、アイナメ、カサゴ、フグ、シロギス、 メバル、ショゴ、メジナ、クロダイ、シーバスなどたくさんありますが、 海の底でとどまっている魚(ハゼ、アイナメ、シロギス、ヒラメ、カレイなど)が見つけやすく 釣りやすい魚と言えます。

「えーーー!見える魚が釣れても面白くないでしょ!」

と思うかもしれませんが、実際にやってみると思っている以上に楽しかったりもします。
特に小さな子供に人気の釣り方で魚が近づいてくる様子やエサをくわえる瞬間を 見ながら釣りができるのでとても楽しむことができます。

エサ釣り仕掛けの釣り道具は、特にこだわりを必要と感じないかもしれませんが、 小さな魚を釣る場合には、あまりにも剛性の高い釣竿を使ってしまうと 「釣った感」がまるでなくなってしまいます。
なので魚がかかった時に感じる釣りごたえをあじわうために、細く柔らかいタイプの釣竿がオススメです!


エサ釣り仕掛けで使うオススメの釣り道具はこちら➡ エサ釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

「サビキ釣り仕掛け」

サビキ釣り仕掛けは、海釣りについてネットで検索するとよく目にする仕掛けになります。
とにかく魚の数を釣り上げたい方に向いているとても良い仕掛けです。 サビキ釣り仕掛けは、セットになっているものを購入すればお手軽に仕掛けをセットアップできて 小さなお子様から年配の方まで幅広い年齢層に人気があります。
なので必然的にサビキ仕掛けの種類もたくさんあり「どれがいいのか?」とても迷ってしまうところではないでしょうか?

私がよく行く釣具店でもサビキ釣り仕掛けだけで陳列棚2列分にびっしりと仕掛けが置かれています。 サビキ釣り仕掛けの主な内容は、
浮き+サビキ針+コマセカゴ+重り+コマセ(アミエビなどの動物性プランクトン)+集魚剤などで さらにプラスして サルカン、テンビン、浮き止め、などの小道具やコマセを入れておくためのバケツ、水汲みバケツ、遠投マキエ杓(しゃく) など揃える道具がたくさんあるので、個別に道具を揃えようとすると 釣具屋さんで2時間の道具選びだった(汗)なんてことも!

堤防で釣りをするのに間違って船用の仕掛けを購入してしまった日には、釣りにならなくなってしまいます(泣)
また、サビキ仕掛け自体に重量があるので遠投する場合は、それなりの剛性のある釣竿が必要になりますが、 重量がありすぎる釣竿にしてしまうと肉体労働になってしまいます(笑)
なので、ある程度軽い釣竿がおすすめ!
それと、子供用の釣竿は遠投さえしなければサビキ釣りも十分に楽しむことができるので 軽い釣竿にしてあげるとよいと感じます。


サビキ釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ サビキ釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

「泳がせ釣り仕掛け」

サビキ釣りなどで釣れた生きた小魚(アジ、イワシなど)をエサにして泳がせることで もっと大きな魚を狙う泳がせ釣り仕掛け。
海釣り初めての方でも生きた小魚さえ手に入れることができれば仕掛けをセットするだけ!

釣竿+リール+糸+重り+針+生きたエサ

釣れる魚は、小魚をエサとする大型のお魚(ヒラメ、シーバス、イナダ、キジハタなど)なので、かかった時は大興奮!

しかし、仕掛けが弱すぎるとせっかく大物がかかっても針が外れたり、糸が切れてしまったりと 残念な結果になってしまうことも!!!
この泳がせ釣り仕掛けは、エサとなる小魚を自由に泳がせる(小魚に負荷をかけない)釣り方と 重りを付けて小魚の移動範囲を制御する釣り方があります。
漁港や堤防などたくさんの釣り人がいる所では、小魚を自由に泳がせてしまうとお隣の釣り人の仕掛けに 糸が絡まってしまうので、重りを付けて仕掛けを一定の場所でとどめておく釣り方が一般的。

こちらの泳がせ釣り仕掛けの良いところは、仕掛けをセットしイスに座って竿先を眺めているだけで楽しめる点です。 常に移動を繰り返す釣りとは対照的なので、のんびりと海を感じたい方にはうってつけの釣り方だと思います。


泳がせ釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ 泳がせ釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

「ルアー釣り仕掛け」

先の泳がせ釣り仕掛けとは対照的な攻めの釣りを楽しむルアー釣り仕掛け。
仕掛け自体がとてもシンプルで

釣竿+リール+糸+ルアー

とルアー(疑似餌)で魚を誘う釣り方になります。
ルアー釣りと聞くとテクニックが必要な初心者には難しい領域のように思われるかもしれませんが、 海釣り初心者だからといって「ルアー釣りはしないわ!」というよりは MYバッグに2,3個のルアーを忍ばせておくのもわるくないわ。と思います。

堤防で海釣りをしていると、たまに「わーーーっ」と海面が小魚でざわつく時があります。 そんな時、ルアー仕掛けを投げてみると大きな魚が釣れたりするので持っておいて損はないように感じます。
この場合は、主に青物(イナダ、カツオ、サゴシなど)と呼ばれる回遊魚を狙う釣り方になるので それなりの仕掛けが必要(糸や針が弱いと切られてしまうため)になります。

ただ、海面が小魚でざわつく=「ナブラ」は、意外と遠くに発生することが多いので そこまで仕掛けが届かないと釣ることができない点と ルアーの種類によって魚の反応が違う点が重要になります。


青物以外のお魚も交えてルアー釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ ルアー釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

「ブラクリ仕掛け」

主に根魚=別名:ロックフィッシュ(その場所に居つく魚、岩や根に隠れている)を狙う釣り方の ブラクリ仕掛け。 仕掛けはこちらもシンプルで、

釣竿+リール+糸+「ブラクリ重り」+ゴカイなどのエサ

「ブラクリ仕掛け」とは、ちょっと変わった形をした重りに針が付いている仕掛けのこと。
このブラクリ仕掛けを道糸(リールに巻いてある糸のこと)にくくり付け、針にエサを付けるだけと 仕掛け自体は、とても簡単に出来上がります。

釣れる魚は、「メバル、カサゴ、アイナメ、キジハタ、ソイ」など。

狙い方は、キャストして遠投ではなくて、主に足元の真下に仕掛けを落とす釣り方になります。 別名:穴釣りとも呼ばれ、漁港や堤防の際(きわ)やケーソンの隙間、テトラポットの隙間など 仕掛けを降下させることができる場所を見つけて、仕掛けを落とし込んでいき、 海底付近を仕掛けが上下運動するように釣竿を上下させることで魚を誘います。

また、付けエサは、アオイソメなどのゴカイ類やひらひらを演出できるソフトルアーが 基本的には良いとされていますが、魚肉ソーセージやミミズ、グミなどのお菓子など 色々なものでチャレンジしてみるのも面白いと感じます。(子供が喜ぶので(笑))

釣竿は、細い隙間に仕掛けを落とすことが多いので子供用の竿など短い竿が扱いやすいことから 穴釣り専用の釣竿が売られているほど人気の高い釣り方になります。


ブラクリ仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ ブラクリ仕掛けにオススメの釣具とは?

「浮き釣り仕掛け」

浮き釣り仕掛けは、エサ釣り仕掛けに浮きをプラスしただけのシンプルな仕掛けですが、 とても奥の深い釣り方になります。

釣竿+リール+糸+小さい重り+針+エサ+浮き

ただ、これだけでは海に浮かんでいるエサ1つに魚が反応することはあまりないため、 集魚剤(アミコマセやオキアミなど)を使って魚を集めるのが一般的になります。
そこで集魚剤を撒くための「遠投マキエしゃく」を一つ持っておくと 手を汚すことなく集魚剤が撒けるので他の仕掛けの時にも大活躍する道具の一つです。

釣り方は、浮きをプラスした仕掛けを遠投し、浮きの周辺にマキエ杓を使って集魚剤を 撒いた後、浮きが沈むのを待つだけ・・・。

ただ浮きが沈むのを心待ちにしながら。

ピクピク浮きが反応しても慌てないで。

スッと浮きが消える瞬間がたまらなく楽しい浮き釣り仕掛けです!
そして釣れる魚は、「アジ、小メジナ、小イシダイ、サヨリ」など小さな魚から 「クロダイ、ボラ、イナダ、サゴシ」など中型から大型クラスの魚が釣れることがある とても興奮度の高い釣り方になります。

浮きを遠投性の高いものにすれば、小さな子供でも軽々遠投できるので大物が期待できます!


浮き釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ 浮き釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

「投げ釣り仕掛け」

ここでの投げ釣り仕掛けは、 仕掛けを遠投➡着底した後、ゆっくりとリールを巻くことで海底にいる魚を誘う釣り方を書いています。

釣竿+リール+糸+重り+針+エサ

仕掛けは「泳がせ釣り仕掛け」とほとんど同じですが、 この投げ釣り仕掛けでは、付けエサに生きた小魚ではなく主にゴカイ類(アオイソメなど)を使います。

釣れる魚は「シロギス、マゴチ、ハゼ、カレイ」など。

釣り方は、仕掛けの針にエサを取り付けキャスト後、海底をズルズルと引きづるように仕掛けを動かします。 なので、仕掛けを流す海底が砂地である必要があります。
(海底に岩や段差のある場所では根がかりしてしまうので)
釣り場は、海水浴場のような砂浜があり、キャスト範囲の海底も砂地の場所(サーフ)が人気ですが、 場所によっては、漁港や堤防からも投げ釣りを楽しめます。
この投げ釣り仕掛けでは、リールをゆっくりと巻いていると魚がかかった時に ブルブルと反応があるところがとても面白く、キャストさえしてあげれば リールをゆっくりと巻くだけなので小さな子供でも楽しめます。


投げ釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ 投げ釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

「タコジグベイト付き仕掛け」

タコを釣るための「タコジグベイト付き仕掛け」。
タコを釣るための仕掛けは様々ですが、ここでは私がよく使う漁港や堤防から狙うタコジグを書いています。

釣竿+リール+糸+タコジグ

仕掛け自体はとても簡単で、リール付き釣竿にタコジグを付けただけ。
一般的にタコ釣りをする場合、タコ釣り専用の頑丈な釣竿と糸が必要になりますが、 ここでの釣り方は、海中に浮いているタコを針にかけて回収するだけ なので釣竿の頑丈さにそれほどこだわらなくてもいいように感じます。

釣り方は、仕掛けを遠投はせずに岸から1m~2m離れたところ(釣竿を持った手を伸ばした位置) でタコジグをいったん海底まで沈め、糸ふけ(たるんだ糸)を巻き取り、手の上下運動だけでタコを誘います。
(タコジグを海底から1m位の範囲になるように上下にゆらゆらと動かす)

基本的に手の上下運動だけなので、とても簡単!
コツさえつかめれば小学生中学年の子供でもできるオススメの仕掛けになります。


タコの詳しい釣り方については、こちら➡ タコが釣れた!/タコの釣り方/タコが釣れた時のこと


ここで紹介したタコジグなどの詳しい釣り道具については、こちら➡ タコジグベイト付き仕掛けにオススメの釣具とは?

「エギング仕掛け」

イカを釣るためのエギング仕掛けになります。
「エギング」とは、エギと呼ばれる疑似餌を使うルアーフィッシングのこと。

釣竿+リール+糸+エギ

仕掛けは、道糸にエギを付けるだけと、こちらもシンプル。
釣れるイカの種類は、人気のある「アオリイカ」を筆頭に、 「コウイカ」「ヤリイカ」「アカイカ」「ケンサキイカ」「スルメイカ」「ヒイカ」など 多くのイカがターゲットになります。

釣り時期は主に、春の4月頃に大型個体、秋の9月頃に小型サイズの数釣りになりますが、 釣る場所によってはそれ以外の時期でも釣ることができます。
釣り時期になると漁港の内湾や堤防からイカの群れを目にする機会が増えるので、 見つけたらチャンス到来です!

エギングの釣り方は、仕掛けを遠投したのち➡エギを着底させた後、 釣竿を振り上げ(シャクリ)、海中でエギを上下に動かしイカを誘います。


・・・と口で言うのは簡単ですが、実際にやってみると思っている以上に難しいと感じます。
竿の感度が悪いとエギが着底したことに気付かず根がかり・・・。
海中の藻に引っ掛かり根がかりor藻が釣れたりと、 釣り竿の扱い方や操作を必要とするエギング。
逆を言えば、釣り技術で勝負をかけたい釣り師が好んでいる釣り方のようです。

このように書くと海釣り初心者の方は、一歩退いてしまいそうですが、 初めてチャレンジして釣り上げる一杯はとても感動するので、 釣り道具を揃えて挑んでみましょう!


エギングについての詳しい釣り道具については、こちら➡ エギング仕掛けにオススメの釣具とは?

オールラウンドタイプのロッド(釣竿)とは?

私が初めて海釣りに行くときに立ち寄った釣具店で購入した釣竿が、 リール付きで3,000円クラスのものでした。
こちらの釣竿は、全長3mと長く頑丈なのですが、とにかく重い・・・。
遠投サビキ釣り用として安いものを購入したのでこういった仕様になるのは、 後になってから分かったことですが、他の仕掛け(浮き釣り仕掛けやルアー仕掛け) と兼用して使用するのには不向きだったのです。

そこで、この釣竿は重いので置き竿として使うこととし、 軽くて操作性の良いリール付きで4,000円クラスのシーバスロッドとエギングロッドを購入。
このシーバスロッドは竿先まで強度があり、ちょっと大きなサイズの魚でも大丈夫な釣竿。
エギングロッドの方は、竿先が柔らかく感度重視の釣竿でした。

この二つの釣竿を漁港や堤防で使ってみると
「最初からこの釣竿でよかったんじゃないか???」
と初めて購入した釣竿は押し入れの中に眠ることに・・・。

私の場合、海釣りにはまってしまい色々な釣り方をしてみたくなったので 置き竿に限定した釣竿を必要としませんでした。
そして何より、軽くて感度の良い釣竿の方が「釣りごたえ」をたっぷり味わえるので
「色々な釣り方をしてみたい!」
「とにかく軽い釣竿がいい!」
「安くて良い釣竿が欲しい!」
と考えている海釣り初心者の方や、 無駄になってしまった釣竿を購入する前の私におすすめしたい オールラウンドタイプの釣竿を次の記事に掲載しました。
よかったら見てみてください!


オールラウンドタイプのロッド(釣竿)について詳しくは、こちら➡ 海釣り初心者の方にオススメしたいオールラウンドタイプのロッドとは?

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP