魚の生臭さの原因は?
<おいしく食べたい!>

釣れた魚をクーラーボックスに入れて家に持ち帰り、 フタを開けた瞬間
「生臭い!」
と感じてしまうと、なんだか食べる気が失せてしまう・・・。
この生臭さを取り除き、おいしく食べるにはどうすればいいのか?
生臭さの原因を探っていくことにします。

魚の生臭さの原因は、どこにある?

魚の生臭さの原因は、いったいどこにあるのでしょうか?
魚の生臭さの原因は、基本的(魚種によってはこの限りではない)に、
「血」
「エラ」
「内臓」
「皮膚」
になります。
これらは、魚が育つ環境にもよりますが、ただでさえ生臭い臭いを放ちます。 なので、これらをすべて取り除いてあげれば、生臭さが消えるかと思われます。

しかし、きれいに取り除いたつもりでも、なかなか臭いは取れません。

「なんで?」

それは、生臭さの原因は、菌にあるからです。

菌は、右から左へ移りやすく、少し触っただけでも菌は移動してしまいます。 さらに、ものすごいスピードで増殖していくという特徴もあり、手ごわい相手です。

しかし、この菌にも弱点があります。
冷やすことで菌の増殖を抑えることができるのを筆頭に、 水に溶けやすく、揮発性があるため、 流水で洗い流したり、塩をまぶしたり、焼いたりすることで、生臭さを抑えることができます。

見事この戦いに勝利すれば、全然生臭くない、新鮮でおいしい魚が食べられるでしょう。

釣れた魚を生臭くならないように持ち帰る!

釣れた魚を生臭くならないように持ち帰るには、
・臭いの元を無くすことと、
・臭いを拡大させない、
・臭いをできるだけ抑えること
が重要です。

魚が釣れた現地にて、 血抜き➡内臓やエラ、皮膚に付着している雑菌の除去➡3枚におろす➡冷蔵 までできれば良いですが、 ここまでやるには、直射日光を避け、できるだけ寒い場所で、流水を使いながら処理する必要があり、

あまり現実的ではありません。

なので、釣れた魚をいかにして、生臭くならないように家まで、持ち帰るかが重要です。

やり方は、色々あり、魚種によっても違ってくるのですが、 重要なポイントとしては、


「とにかく魚を冷やすこと」


これに尽きると思います。
魚本やネットなどでは、新聞紙にくるんだり、真空パックに入れたりと たくさんのやり方が載っていますが、どんなやり方にしても、 とにかく魚を冷やすことがポイントになります。

次に、どうやって冷やせばよいのか?
基本的には、クーラーボックスの中に魚が隠れる程度の海水と、たくさんの氷を入れます。 しかし、ただ、クーラーボックスの中に、氷と海水を入れれば良いのではありません。

魚をクーラーボックスに入れる前に、ある程度の海水(釣れた魚の量)とたくさんの氷を入れておき、 キンキンに冷やした状態を作っておきます。(約30分程度)
このひと手間で、全然、生臭さが、違うのでやってみて下さい。

次に、魚をクーラーボックスに入れるタイミングです。
これは、もちろん魚をしめて、血抜き、エラ、内臓の除去が完了した後、すぐに入れるのが望ましいです。 魚は、死んだあとすぐに、生臭さの原因である菌が増殖してしまうので、できるだけ早いに越したことはありません。 いつまでも血抜きをしていると、

「どんどんと腐っていきますよ!」

また、魚をしめたり、血抜き内臓、エラなどの処理をしている時間がない場合は、 生きたままの魚を、キンキンに冷えたクーラーボックスの中に入れて持ち帰っても大丈夫です。

こちらの方が、新鮮な場合もあるので参考にしてみて下さい。
こちら➡仮死状態の魚が急に暴れ出した!


とにかくたくさんの氷で、魚をキンキンに冷やすことが重要なので、
「ケチって氷が少なかったぁ・・・。」
「家に帰ったら氷が溶けてしまっていた・・・。」
「氷は解けていなかったけど生ぬるくなっていた・・・。」
なんてことのないように、余裕を持って氷を入れましょう!

<ポイント>
  • 臭いの元を無くす!
  • 臭いを拡大させない!
  • 臭いを抑える!
  • 氷をケチらない!

魚の身が生臭くならないようにさばく!

次に、魚の身が生臭くならないようにするためには、血抜きが欠かせませんが、 魚をさばく時にも注意が必要ですね。

「細かいなぁ・・・。」

と言われそうですが、丁寧に魚をさばくほど、おいしく出来上がるので、 興味がある方はやってみて下さい。

まず、なにかにつけて、道具をすべて取り替えることです。
魚を置いた、皿、まな板、台所。
魚を触った、人間の手。
魚を下処理する時と、3枚におろすとき、お刺身にする時の包丁。
これらすべての工程において、道具を取り替えます。

「そんなの洗えばいいだろう!」
「ノンノンノンッ!通常の洗剤では、洗ってもなかなか臭いが取れません。」
魚の臭いや菌が付着した道具をそのまま使ってしまうと、魚の身に生臭さが移ってしまいます。 少し面倒ですが、まな板や包丁を取り替えるだけでも、ぜんぜん生臭さが違うのでやってみて下さい。

それと、鼻に一度ついた生臭い匂いは、過敏になってしまうので、 魚を下処理した時の生ごみや、道具は、きれいに片付けておき、 臭いがしなくなってから、(3枚におろす、焼く、煮る)などの調理にとりかかる方が良いでしょう。

魚の血抜きについては詳しくはこちら➡魚の血抜きをやってみた!

<ポイント>
  • 血抜きが欠かせない!
  • 道具をすべて取り替える!
  • 生臭さが移る!
  • 臭いが取れてから調理する!

釣れた魚をお刺身にしておいしく食べる!

海釣りに行き、大きな魚が釣れたら、お刺身にして食べたくなりますね! 私も家族と海釣りに行くこと数回、お刺身にするには小さな魚(20cm位)でしたが、 魚をお刺身用にさばいてみたく、チャレンジしてみました。

初めの頃は、どこをどうさばいたら良いのか?わからず、魚の身がほとんど残っていなかったのを覚えています。
ここでは、釣れた魚をお刺身にするうえで、 生臭くならないようにするポイントを書いていきます。

上記の記事にも書いてありますが、 魚をさばくための道具を全ての工程において、取り替えることが重要になります。

そして、下処理の終わった魚(3枚におろした魚)をキンキンに冷えた氷水に浸しておきます。
その間に、台所にたまった、道具類をすべてきれいに片付けます。 (台所に生臭さが残らないようにしましょう!)

次に、氷水に浸しておいた魚を取りだし、キッチンペーパーやタオルなどを使って、 魚の水気をよくふき取った後、冷蔵庫に一時保管します。

次に、手や鼻についた臭いをなくすために、お風呂にでも入って、気分を入れ替えます。 この鼻についた臭いをなくすことは、けっこう重要で、生臭くなくても生臭いと感じてしまうので、時間を空けて、気分を入れ替えましょう。

さあ、それでは早速、魚をお刺身にしていきます。
冷蔵庫からさばいた魚を取りだします。
次に、魚を流水で、きれいに洗い流したあと、キッチンペーパーなどで、魚の水気をよくふき取ります。
あとは、お刺身用に包丁を入れれば完成です!

切れ味の良い包丁や切り方によって、お刺身の味が変わってくるようなので、 色々と試してみるのも良いかと思います。

<ポイント>
  • 釣れた魚はお刺身にして食べたくなる!
  • さばいた魚をキンキンに冷えた氷水に浸す!
  • 台所に臭いが残らないようにきれいに片付ける!
  • 鼻についた臭いも取り去る!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP