アジが釣れたら、泳がせ釣りをやってみよう!

サビキ釣りなどで、釣れたアジをエサにして、泳がせ釣りをやってみよう!
泳がせ釣りは、仕掛けも簡単で、大物の魚をゲットできる可能性大!
家族全員、手に汗握る泳がせ釣りをぜひやってみよう!

泳がせ釣りとは何?

泳がせ釣りとは、魚の釣り方の名前の一つで、
その名前の通り、生きた魚を泳がせた状態でエサにして、釣る釣り方になります。

魚の切り身などをエサにするのとは違い、生きた魚が泳いでいるので、 そのエサを狙っている魚のインパクトが強まります。 ルアーの実用版といったところでしょうか。

この泳がせ釣りは、基本的に、魚がかかるまで待つ釣りになるので、竿を難しく操作する必要が無い為、 海釣り初心者の方でも、簡単にできる釣り方になります。

小さな子供には、待つのが苦手な子も多いので、不向きなような気がしますが、 仕掛けをセットしておき、放置しておけば、もしかしたら大物が釣れるかもしれないという所が、魅力です。

問題は、エサとなる小魚が釣れるかどうか?といったところですが、 もし、たくさん小魚が釣れる状況であれば、この泳がせ釣りをやってみる価値は十分にあります。

小魚がたくさんいるということは、それを狙っている大型の魚もいるということです。

私の場合は、子供たちにサビキ釣りで、エサとなる小魚を釣ってもらい、 それをエサに隣で、泳がせ釣りをすることも多いです。

魚がかかった場合は、「ぼくが、やる!」と言って、子供たちに竿を取られてしまいますけどね・・・。

エサにした小魚が、半分ちぎられていたり、頭だけ残っていたりと、反応がある所も面白いので、 ぜひやってみて下さいね!

<ポイント>
  • 泳がせ釣りとは、魚の釣り方の一つ!
  • 生きた魚はインパクトが強い!
  • 大物が釣れる可能性大!
  • 小魚がいるということは、それを狙う魚も!

泳がせ釣りで釣れる魚は?

この、泳がせ釣りという釣り方で、釣れる魚は、大型の魚が多いです。
エサとなる小魚にもよりますが、新潟県周辺で、釣れる魚は、 イナダ、キジハタ、ヒラメ、エイ、アオリイカ、タコ、シーバスなどさまざま。

泳がせ釣りでは、何の反応もない事は少なく、何かしらのアクションがあります。 竿の先端をじっと見ていると、

「ピクッピクッ!」

と小さなあたりがあることが多いです。
そこで、この当たり方の違いで、何が釣れているのか判断するのがとにかく難しいです。

竿先が、折れてしまうほど、強い引きがあれば、すぐに合わせればよいのですが、 泳がせ釣りで、釣れる魚は、たくさんの魚種があるので、この微妙な当たりの時に、

「いつ合わせれば良いのか?」

というのが、難しいところでもあり、面白いところになります。

釣れる魚が、アオリイカやタコの場合、よほど大型でない限り、強い当たりはありません。 なので、まごまごしていると、エサだけ食われてしまいます。

エサになる小魚を丸ごと飲みこんでしまうような大型の魚の場合は、竿がグインッと大きく曲がってから合わせる、 遅合わせで良いのですが、それほどの大型の魚は、めったにお目にかかれません。

また、釣れる魚の大きさにもより、エサとなる生きた魚を一口で食べるほどの大型の魚か、 ちょびちょび食べる中型の魚なのかによっても違ってきます。 ちょびちょび食べる場合、少しでも違和感があると、途中で吐き出してしまいます。

泳がせ釣りでは、たくさんの魚種の魚が釣れるので、何が釣れるのか?ワクワクドキドキします。 エサとなる小魚よりも大型の魚が、期待できるので、 パパやママは、仕掛けを作って、ぜひやってみましょう!

小さな子供たちに自慢できる大きな魚をお土産に持って帰りたいですね!

<ポイント>
  • 大型の魚が、かかりやすい泳がせ釣り!
  • 釣れる魚は、多魚種!
  • 釣れる魚によって合わせが難しい!
  • 小さな子供たちに自慢できるお土産を!

泳がせ釣りの仕掛けとは?

それでは、泳がせ釣りの仕掛けについて見ていきます。
泳がせ釣りの仕掛けは、大きく分けると2つのパターンがあります。

1つは、生きた魚に針だけをかけて、海の中を自由に動けるようにしたものです。
この場合、魚にはほとんど負荷がないので、右へ左へどこでも泳いで行ってしまいます。 周囲に、竿を出している人がいないような場所でないと、隣の人と糸が絡まってしまうので注意が必要です。
また、エサである魚にあまりにも負荷がないと、海の中を泳いでいる他の魚となんら変わりないので、 重りやウキなどを付けて、ある程度の負荷が、ある方が良いです。


2つ目に、重い重りを付けて、魚が動く行動範囲を規制するものです。
エサである魚が、頑張って動いても、移動しない重さの重りを使用します。 このようにすることで、狙った場所にエサを落とすことができ、周囲の人と糸が絡んでしまう心配もありません。 漁港や堤防で、海釣りをする場合は、周囲にたくさんの釣り人がいることの方が多いので、 2つ目の釣り方で、泳がせ釣りをする方が良いでしょう。


基本的な泳がせ釣りの仕掛けは、大きめの針をエサである魚の口や鼻、背中に刺しておき、 それを捕食しようとした魚が、エサを飲みこんだあとに針をかける仕組みになっています。

仕掛け自体はとてもシンプルで、竿、糸、針、リールと基本的な仕掛けに、生きた魚を針にかけておくだけです。 行動範囲を規制するためには、これに重りをプラスし、目印が必要な場合は、浮きをプラス、 また、針を2点掛けするなど、目的や釣り場に合わせていきます。

私がよく使う、泳がせ釣りの仕掛けは、
竿、リール、糸、針に加えて、重りを付けたします。
主に、海釣り施設のある漁港や堤防で釣りをしているので、エサである魚の行動範囲を規制して、 遠投(約30m位)して、海の底に仕掛けを投入します。
底に仕掛けが到着したら、竿を竿立てにセットし、ゆっくりとリールを巻いていき、糸をぴんと張った状態にします。 この時に、リールのドラグ(糸が出て行く負荷調節器具)を緩めておくことが重要です。 あとは、仕掛けを放置しておくだけで完成です!
魚がかかったかどうか判断するために、竿の先端に鈴を付けておいても良いでしょう。

エサは、アジが一番良いと感じます。メジナやシマダイの小さな魚では、かすりもしなかったです。 アジは、豆アジと呼ばれる5㎝~10㎝程度の小さな魚をエサに使います。(それしか釣れないので・・・。)

釣る場所によって、当然エサが違ってくるので、そこで釣れている小魚をエサにするのが一番良いでしょう。

また、泳がせ釣り用の仕掛けとして、針と糸と重りがセットになっているものも売られているので、 糸や針を結ぶのが苦手な人は、この仕掛けセットを購入しておきましょう!

泳がせ釣り道具について詳しくはこちら➡泳がせ釣り仕掛けににオススメの釣り道具とは?

<ポイント>
  • 泳がせ釣りの仕掛けは2パターンある!
  • 完全フリーの仕掛けと
  • 行動範囲を規制する仕掛け!
  • 現地で釣れている小魚をエサにするのが良い!

釣れた魚(アジ)は、網付きバケツに入れて生かしておこう!

サビキ釣りなどで釣れた魚(アジ)は、網付きバケツに入れて生かしておきましょう。 泳がせ釣りでは、生きた魚でないとその効果を発揮できません。

死んでいる魚でも、食いついてくることはありますが、捕食魚にインパクトを与えることが難しいでしょう。 捕食魚は、変な動きをしていたり、フラフラしている、弱っている魚に興味を持つようです。 なので、エサとなる小魚(アジ)は、生きている状態が良いのです。

そこで、エサとなる小魚が釣れたら、網付きバケツに入れて、海中に沈めておくことで、 生かしておくことができます。

網付きバケツとは、単純にバケツのフタ部分に、網が付いていて、10m位のロープが付いています。 なので、バケツを海中に沈めても、 魚が逃げなく、また、新鮮な海水を取り入れることができるので、小魚が弱りにくくなっています。

ただのバケツに、空気ポンプを繋げても良いですが、バケツの中の水温が上がっていってしまうので、 夏場などの暑い時期には、おすすめできません。

また、小魚は、非常に弱りやすい魚です。
人間の手で触っただけでも、弱ってしまいますし、水温の上下、酸素不足などでもあっという間に、弱ってしまいます。

また、網付きバケツにエサとなる小魚(アジ)を入れる際には、 その小魚を捕食するまたは、傷つける魚(タコ、カニ、イカなど)は、入れないようにしましょう。

家族で海釣りに行く場合、小さな子供たちは、やたらと何でも入れたがります。 それはそれで、子供たちが楽しそうなので、泳がせ釣りのためのエサ(小魚)入れとして、 もう一つ別に、購入しておくと良いでしょう。

それと、小魚を海中に入れて生かしておく場合、網付きバケツが良いと言いましたが、 ただの、網のタイプの物もあります。 こちらは、岸壁に網がこすれて破けてしまったり、カニに網を切られたりするので、注意が必要です。

また、網付きバケツは、長いロープが付いているので、 海水を汲み上げる、水汲みバケツとしても活躍できます。

<ポイント>
  • 釣れたアジは、網付きバケツへ!
  • 死んでいる魚では、効果が薄い!
  • 小魚は弱りやすい!
  • 水汲み用バケツとしても活用できる!

泳がせ釣りの注意点!

泳がせ釣りを実際にやってみて、感じたことを注意点としてまとめてみました。 先ほども書かせてもらいましたが、海釣り施設のある漁港や堤防では、周囲にたくさんの釣り人がいることが多いので、 周囲の方たちに迷惑をかけないようにすることが大事です。

特に、この泳がせ釣りでは、エサとなる小魚を自由に泳がせてしまったり、 仕掛けをセットし、竿を放置したまま、どこかへいなくなってしまう人がいると、 糸がたるんで、周囲の釣り人が、大変迷惑です。

また、泳がせ釣りの仕掛けを投入(キャスト)する時は、おもいっきりキャストすると、 エサである小魚が、針から外れて、隣の釣り人の頭の上に落ちてしまうことも・・・。 私は、何度かやってしまい、迷惑をかけてしまいました・・・。 なので、仕掛けをキャストする時は、斜めにではなく、真後ろからゆっくりとキャストするようにしましょうね。

次に、仕掛けを回収する時ですが、ゆっくりとリールを巻いてしまうと、 重りが、根がかり(岩や根に引っかかる)しますので、 回収する時は、竿を上に大きく持ち上げてから、早めの速度でリールを巻きましょう。

そして、泳がせ釣りの仕掛けをセットし、竿立てに竿を置く場合の注意点として、 リールのドラグ(糸が出て行く負荷調節器具)を緩めたり、フリーにしておいた方が良いでしょう。 ドラグがきつくなっていると、もし大物がかかった場合、竿ごと海に持ってかれてしまうので注意しましょう。

私は、知ってはいたのですが、忘れていて、竿も竿立ても海に持って行かれてしまいました・・・(笑)。

泳がせ釣り道具について詳しくはこちら➡泳がせ釣り仕掛けににオススメの釣り道具とは?

<ポイント>
  • 周囲の釣り人に迷惑をかけないように!
  • 隣の釣り人の頭の上にエサを落とさない!
  • 真後ろからゆっくりとキャスト!
  • 竿を海に持って行かれないようにね!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP