魚が釣れる条件を揃える

魚が釣れないとは反対に、魚が釣れる条件とはどんなものがあるのでしょうか?
釣り人には、ものすごく当たり前のことを含め、私の経験から感じたことをずらずらと書いていきます。

ここでは、「誰でも、どこでも、簡単に魚が釣れる。」ことはなかった・・・と実感した方。
「小さな子供たちに魚を釣らせてあげたい!」といった魚が全然釣れなかった体験をした方に 読んでもらいたい内容となっています。

条件その1、魚を見つける

魚が釣れる条件に一番当てはまるのが「魚を見つけること」

魚を見つけることができれば、その魚にあった仕掛けやエサを準備し、 そのお魚さんの目の前にエサを垂らしてあげれば魚を容易に釣ることができることを想像できると思います。

それでは、どうやって魚を見つけるのか?
①高台から海を見下ろして魚影で判断する。
②周りの釣り人が釣れている魚で判断する。
③水深が浅い場所かつ水中が透き通っていて魚が目視できるところを探す。

①の魚影で判断するは、高台があるという条件+海面を泳いでいる「大きい魚、イカの群れ、その他魚群」 の場合や海面が穏やかで波がなく水が透き通っているという条件の時に見つけることができます。
条件が揃っていても魚を見つけられる可能性はあまりないかもしれませんが、 気にしてみることで思わぬ収穫が得られる時もあります。

②の釣れている魚で判断するは、たくさんの釣り人でにぎわう釣り場において 周りの釣り人の釣果(釣れた成果)を参考にします。
それぞれの釣り人が違った魚を狙っているので、今釣れる魚がわかりやすくなります。

③の(水深が浅い場所かつ水中が透き通っていて魚が目視できるところを探す。)は、 主に小さなお子様にうってつけの場所になります。
水が透き通っていることが条件ですが、浅い場所(推進1~2m)なら水の透明度が高いことも多く 海の底で止まっている魚(ハゼ、キス、タコ、ヒラメ、マゴチ、ナマコなど)を見つけることができます。
波が高く、足元から海面まで高さのある場所やサーフ(砂地)では見つけずらいですが、 漁港や堤防のふもとには、こういった浅場で魚を見つけられる場所も多くあります。

こういった場所では、魚のサイズが小さいことが多いですが、 魚を直に見ながら釣りができるので、小さな子供たちは大興奮間違いなしです。
実際にやってみると見えているのになかなか釣ることができない状況から
「どうすれば魚がエサに飛びつくのか?」
「なんでエサを食べないのか?」
「ルアーならどうだろうか?」
「エサは何がいいのか?」
「なんで一度加えたエサを吐き出してしまうのか?」
などなど魚釣りの考え方を変えてくれるいいきっかけになると感じます。

条件その2、釣り場により魚が釣れる

釣り場により魚影の濃さに違いが表れるので魚があまりいない場所で粘るよりも 魚が多く集まる釣り場を見つけ出すことも魚が釣れる条件の一つになります。

私が海釣りし始めの頃、全く魚を釣ることができなかったのもこの条件が悪かったことが挙げられます。
では、どのくらい魚影の濃さが違うのかというと 漁港や堤防の岸際で海面を覗いたときに見える小魚を例にしてみます。
①全く魚の姿が見当たらない
②小魚が10匹~20匹程度見える
③海面を埋め尽くすほど小魚であふれている
狙う魚の種類にもよりますが、小魚がたくさんいるということは、 それを狙うフィッシュイーター(小魚を食べる魚)も集まってくるので 釣れる魚の種類も多くなります。

③の小魚であふれているような状態に、もし遭遇したらサビキ釣りでは集魚剤を 必要としないほどの入れ食い状態になります。
主に朝方や夕方から夜にかけて漁港の内湾に 発生することがありますが、極めてまれなので②の小魚が20匹程度いる釣り場を探します。
こうしたことは、釣り人にとってものすごく当たり前にわかっていることでも 海釣り初めの頃で、どの程度小魚がいるものなのかわからない方にとっては、 ①の状態「たとえ岸際に小魚がいなくとも」海の中には、たくさんの魚がいると思い込み、 竿を振り続けてしまいます。(私のこと(笑))

小魚がいないからと言って他に魚がいないわけではないのですが、 釣れる確率が極端に違ってきます。

しかし、場所によっては①の魚がいない状況が多い地域や 家族連れなどで釣り場が限られてしまう場合には、 魚の数が少ない中でも魚がいるポイントを探していくことで 魚釣りを楽しむことができます。

条件その3、魚がいるポイントを探す

海の魚は回遊性(外洋にでたり内湾にきたり)のある魚が多いので、 漁港や堤防の内湾で釣りをする場合、陸近くに魚が来ないと回遊魚が釣れません。

そこで回遊魚がいない時には、別の魚(その場に居つく魚)を狙って魚がいるポイントを 探していくのも一つの方法です。
魚がいるポイントといえば
・テトラポットなどのブロック周り
・漁港や堤防の岸際
・ケーソン(消波ブロックの基礎部分)の隙間
・海底の岩や根の周り
などの根魚=ロックフィッシュ (キジハタ、メバル、イシダイ、カサゴ、アイナメ、ソイ、クエ)や
・海底が砂地
になっている所では、 (ヒラメ、キス、カレイ、マゴチ)
・水深2m位の浅場では、 (ハゼ、コチ、ボラ)
・海底が岩場
になっている所では、 (タコ)
などの回遊性が低い魚。

「かけあがり」(浅い所から急に深くなる海の中の地形を指す言葉)や 電灯などの明かり周辺なども魚が集まりやすいポイントになります。

ただ、魚の数が少ない釣り場での、お昼前後の時間帯は、魚の反応が全く感じられないことが多い (エサやルアーに食いついてこない)ので 釣りをする時間帯も気にかけてみるとよいかもしれません。

条件その4、朝と夕方に釣る

朝方=「朝まづめ」(5時~7時くらいの時間帯)
夕方=「夕まづめ」(17時~19時くらいの時間帯)

と釣り師の間ではよく知られている釣りの専門用語。
この「朝まづめ」と「夕まづめ」の時間帯は、 活発に行動する魚が多いことと、 回遊魚が内湾へ集まりやすいことにより、漁港や堤防では魚が釣れやすい時間帯になります。

なのでできればこの時間帯に釣りがしたいのですが、 釣り場まで遠方の方は、スケジュールが厳しくなると思います。

私の場合も釣り場まで3時間かかるので、 朝まづめに釣りをする場合は、前日の夜中に家を出発するか、 車中泊をして朝早く起きるのか?

夕まづめも同様ですが、1日しか休みがない場合には、 移動に往復で6時間かかることを考えると釣りをする時間がわずかとなってしまいます。
頑張って夕まづめに釣りをしてから帰ろうとすると ご飯を食べて家につく頃には24時をまわることも少なくありません。

そこで朝と夕方に釣りの時間を合わせられない場合は、 その時に釣れる魚に合わせた釣り方を選択してみるのもよいかもしれません。

条件その5、釣れる魚の仕掛けを準備する

釣りたい魚だけを求めて、一つの仕掛けにこだわり転々と場所の移動を繰り返す釣り方も 個人的には好きですが、家族連れなどで容易に場所の移動が行えない時には、 その釣り場にいる魚に合わせた仕掛けを準備しておくことも大事だと感じます。

「あ~キスが釣れているのにキスの仕掛けを持っていなーーい」
「あ~青物が釣れているのにメタルジグが一つもなーーい」
「あ~イカがたくさんいるのにエギがなーーーーーーい!」
など仕掛けを買い出しに行っている時間があればいいのですが、 回遊魚の場合、30分くらいで時合が終わることが多いのに加え、 その釣り場を一旦離れてしまえば、次に来た時には釣りをするスペースがないかもしれません。
(釣れる時には、大勢の釣り師が押し寄せてくるので)

なので最近釣れている魚に合わせた仕掛けをポケットに忍ばせておくのも 悪くないと思います。

条件その6、台風の後に釣りに行く

これは私の勝手な偏見ですが、台風の後に釣りに行くとたくさん魚が釣れることが多いです。
台風が近づいてきて暴風域に入ると風も強く、波も荒くなるので 釣りどころではなくなりますが、台風が過ぎさり穏やかな海になると おなかをすかした魚が内湾へ戻ってくるように感じます。

釣りに行ける日が、台風の後と重なることは稀だと思いますが、 少し気にしてみてもいいかもしれません。

※注意!台風が近づいてきている時は危ないので海に行かないでね!

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?
魚釣りは釣れるポイント探しがとても重要!
とはいえ、小さなお子様連れの場合では「魚が釣れる」というより 「魚釣りがしやすい」ポイントに合わせた方が楽しめると感じます。
漁港の内湾でも場所と時間によってたくさんの魚種を釣ることができ、 時に大物も現れたりするのでおもしろいですよ!
次のページでは、「フグしか釣れない」について書いてみました。
よかったら見てみてください!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP