SHIMANOムーンショットMoonShot S906Mを買ってみた!|体験レビュー

3年使い続けたお気に入りのロッドが折れてしまったので新調することに。 メタルジグを使い青物を狙うため遠投性のあるロッドが欲しくて デザイン、価格ともに気に入ったSHIMANOムーンショットMoonShot S906Mを買ってみた!

SHIMANOムーンショットMoonShot S906M基本スペック

メーカ:SHIMANO[シマノ]
品名:ムーンショット[MoonShot]
品番:S906M
全長:2.9m
継数:2本
仕舞寸法:148.6㎝
自重:167g
先径/元径:1.7/13.4㎜
適合ルアーウエイト:8~42g
適合ラインPE:0.8~3号
適合ラインナイロン:8~20lb
カーボン含有率:96.3%

SHIMANOムーンショットMoonShot S906M写真いろいろ

SHIMANOムーンショットMoonShot S906M購入に至った経緯

3年使っていた釣り竿が折れてしまい修理に出そうと試みるも 修理の効かない無名の釣り竿だったため新しく釣り竿を購入することに。

この時に釣りたかった魚は「青物!」できればワラサ(60~80㎝) クラスを堤防からメタルジグで釣りたい!と考えていた私は、 遠投性があり、強靭で軽く、長い釣り竿を探していました。

ある日、釣具店へ行ってみるとショアジギング専用の陳列棚を発見! 価格やデザイン、長さや軽さなど色々と見てみるものの

「はたしてこの竿の遠投性が高いものなのか?」と疑問符。

とにかく遠くに遠投したかった私は、すかさず店員さんに聞いてみた! 「堤防からメタルジグでワラサが釣りたく、 とにかく遠投したいのですが、どの竿がオススメですか?」
店員:「このあたりのショアジギング専用の釣り竿なら疲れにくいので オススメですよ!あまり長い竿だと飛距離は伸びますが、 重くなるので一日中振るのにはきついです。」とのこと。
長い竿ばかり意識していた私は、肝心の振りやすさを忘れていました・・・。

そこで店員さんから勧められたロッドの中から改めて選びなおすと SHIMANOムーンショットMoonShot S906Mがヒット! 細身で軽量かつ長さもあり、適合ルアーウエイト8~42gと幅広い!

さらに!青を基調としシルバーアクセントが輝くデザインに魅了され即時決定! SHIMANOムーンショットMoonShot S906Mを手に取り、レジへ向かうも 胸が高鳴り何だか興奮気味の私。
そしてレジにて会計をお願いすると店員さんが SHIMANOムーンショットMoonShot S906Mを箱から取出し、まじまじと見ているーーー。 と思ったら急に勢いよく振り出した!

「ビュッビュッ!」ととても良い音が鳴り響くので余計に興奮する私(笑) 「いいなぁ。パパだけいい竿で」と、うちの子供たち。
子供たちに自慢しつつも早く使ってみたい気持ちでいっぱいになる私でした!

<ロッド>

メーカ:SHIMANO[シマノ]
品名:ムーンショット[MoonShot]
品番:S906M
全長:2.9m
継数:2本
自重:167g
適合ルアーウエイト:8~42g

SHIMANOムーンショットMoonShot S906Mと合わせて購入したリール、ライン、ジグ

ロッドを新しく購入したので、SHIMANOムーンショットMoonShot S906Mに合う リール、ライン、ジグを購入!
リールは汎用性が高くお手頃価格のわりに機能性の高いものを選択。
ラインは強度が高く遠投性に優れたものを選択。
私が購入したものを載せてあるのでよかったら見てみて下さい。

<リール>

メーカー:SHIMANO[シマノ]
品名:セドナ[SEDONA]
品番:C3000HG(スピニングリール/ハイギア仕様)
ギア比:6.2
自重:250g
PE糸巻量:1号-400m,1.5号-270m,2号-180m

<メインライン>

メーカー:YAMATOYO/山豊テグス
品名:ショアジギングPE
長さ:200m
素材:スーパーPE100%
カラー:GRAY(グレー)
号数:1.5号 20LB

<リーダー>

メーカー:MORRIS
品名:[VARIVAS]ショックリーダー [フロロカーボン]
長さ:30m
素材:フロロカーボン
号数:6号 22LB

<ジグ>

メーカー:メジャークラフト
品名:ジグパラ 40g
サイズ:40g
カラー:#31(リアルイワシ)
全長:78mm
自重:40g
タイプ:メタルジグ
フック:有
代表対象魚:ブリ(鰤)・ハマチ(ワラサ)・イナダ ツバス、カンパチ、ソウダガツオ、シイラ、ヨコワ、サワラなど

SHIMANOムーンショットMoonShot S906M|体験レビュー

SHIMANOムーンショットMoonShot S906Mを購入後、そそくさと家に帰り、 丁寧に梱包を空けロッドを取り出し、早速振ってみる。
「シュンシュンッ!?」
なんだか店員さんが振っていたときみたいにいい音が鳴らないので残念なご様子の私。
家の中で振っていたので豪快に振れないのを悔やみつつも 「あ~早く海に行きたいなぁ~」と思えど休みが取れず、 仕事に明け暮れストレス続きの毎日が続いた2か月後・・・。 ようやく待ちに待った海釣りに行くことができた!
(気分はルンルンだ!)

しかも、時期的にとてもいい青物ラッシュの4月下旬。 新潟県のとある堤防へ向かった。

釣り場へついて早速ロッドをチェックしてみる。
以前使っていたロッドより竿先が固く強度が高そうで 豪快にルアーを振れそうで良い感じ! 強くロッドを振ってみると 「ビュッビュッ!」と胸が高鳴る私。

準備が整い、いざキャスト!
1投目は、軽めにキャストしてみる。 「異常なーし。ライントラブルなーし。」と確認作業。 自分的には、この確認作業が結構大事。 リールに新品のラインを巻いたばかりだとライントラブルが発生することがあるので キャストの力の入れ具合をだんだん強くしていく。

次にまあまあの力を入れキャスト!
「スムーズである・・・。」
着底後、ぐるぐるとリールを巻いていると、なんと!ヒット!!!
「サゴシが釣れた!」
こんなにすぐに釣れると思っていなかったので大興奮の私!!!
ちょうど時合が発生したみたいで、周りの釣り人もバタバタと釣れだした! 40gのメタルジグを使っていたのですが、 フルキャストしてもロッドには何の違和感も感じないほど 安心して振れる竿の剛性を実感。

飛距離はリール、ラインともに新品に交換したこともあってか 以前よりも格段に伸びたのにビックリ!
軽くてキャストしやすく、おまけに釣れたので個人的に大満足の結果となりました(^▽^)/

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP