海釣りでは釣り針の種類によって魚が釣れる?

海釣りには、釣り針の種類がたくさんあります。
たくさんの種類に加え、釣り針の大きさもさまざま。
魚が釣れる人と全然釣れない人の差は、この釣り針にも隠されています。

ちょっとした釣り針の違いで、魚が釣れることを体感した経験から いくつか書いてみました!

海釣りの釣り針の種類とは?

海釣りの釣り針の種類とは、形状や曲げ具合、突起部分の有無や大きさなど細かく分ければ、 きりがないくらいたくさんの種類があります。

釣具屋さんに行くとわかると思いますが、釣り針だけで陳列棚がびっしりです。 たくさんの種類がありすぎて、わけが分からなかったので、ここでは、よく使用する2種類だけに絞って説明していきたいと思います。


まず一つ目は、「J」の字型のいわゆる一般的な形状の釣り針です。
この釣り針は、大きく分けると「返しがある」タイプと「返しがない」タイプがあります。

返しとは、釣り針の先端部分に、一度刺さったら抜けにくくするための<→>矢印のような構造になっています。 逆に、返しがないタイプは、「J」の字型のままの形状で、一度刺さってもくるっと回してあげたり、 ちょっとした反動で、針が抜けやすい構造になっています。

「どちらのタイプの釣り針が良いの?」

どちらが良いとは、一概には言えないところがありますが、初めのうちは返しがある釣り針の方が、 よく魚が釣れます。(一度釣り針がかかると抜けずらくなるから=ばれにくい)
・・・が、小さな子供さんが、海釣りをする場合では、人間に刺さってしまわないよう十分に気を付けましょう。


次に2つ目の釣り針は、上記の一般的な釣り針が3つ繋がっているような形の
「トリプルフック」です。
こちらは主に、ルアーの針に使われることが多いです。
針の数が3つとなんとなく魚が釣れるような気がしますが、魚だけでなく、いろんな所(岩、藻、洋服、その他海の中にあるもの全て)に、 引っかかってしまいます。(=根がかり=地球を釣る)

そして、一度引っかかってしまうとほぼ外すことが出来ません・・・。 何とか外そうと竿をあおりすぎて釣竿をボキッと折ってしまわないように気を付けて下さいね! (私が目撃しているだけで、3人の方が釣竿を折ってしまっていました。)

また、釣り針の種類がわからない場合などは、魚の名前が表記してある釣り針で良いです。 その中でも釣り針の大きさが何通りもありますが、その中で一番小さな号数を選んでおくことをお勧めします。 小さな釣り針の方が、ヒットする確率が高いです。

私は、初めての海釣りで「イナダ」が釣りたくて、釣具屋の店員さんに釣り針の種類について聞いた時、 あまりの釣り針の小ささに驚きました。

「えっ!こんな小さな釣り針であんな大きな魚が釣れるの?」と

初めのうちは半信半疑でしたが、小さな釣り針の方が、ヒットする確率が高いからだと後になってわかりました。 だんだんと海釣りに慣れてきて、必要だと感じてから、釣り針の号数を上げていく方向で良いと思います。

<ポイント>
  • 海釣りの釣り針の種類は陳列棚びっしり!
  • 釣り針の種類を2種類に絞って説明!
  • 「J」の字型と「トリプルフック」
  • 釣り針の号数は小さい方がよくヒットする!

家族連れで行くサビキ釣りの釣り針とは?

次に、家族連れで行く時のサビキ釣りの釣り針について私が感じたことです。

サビキ釣りについてはこちら➡サビキ釣りとは何?

私が初めて家族と海釣りに行ったとき、サイトや本でサビキ釣りが良いという記事が多数紹介されていたので、 サビキ釣りをしたのですが、全く魚が釣れませんでした・・・。

「どうしてだろう?」

サビキ釣り自体は、とても良いのですが、サビキ釣りに使う釣り針にも秘密があったのです。 サビキ釣り用の釣り針は、とてもたくさんの種類があり、購入の際にとても迷ったのですが、 私は、「アジ」が釣りたかったので、アジ用と記載してあったサビキ釣り用釣り針を購入。

その結果が、全く釣れなかったのです。

しかし、私の周りにいた、釣り師の方は、たくさん魚を釣り上げていたのにです。 なんで私たちには釣れないのか不思議な顔をしながら隣の釣り師のおじさんを眺めていると おじさんの方から声を掛けてくれました。

「その釣り針じゃ釣れないよ!」

なんと!

「アジ用の釣り針で釣れないとはどういうこと???」

ちょー不思議でしたが、原因は、その場にいる魚のサイズに合わせた釣り針のサイズが必要ということ。 一般的に売られている「アジ用の釣り針」は、少なくても20センチ以上のアジの場合で、 それ以下のいわゆる小アジは、小さすぎて食いついてこない。

初めてそのことを知った私たちは、その後やっとアジを釣ることが出来るようになりました!(小さかったけど。笑)

なので、海釣りに家族連れで行く場合は、小さな子供たちがいっぱい魚が釣れるように 小さめの釣り針がオススメです!

<ポイント>
  • 釣り針の種類の一つサビキ用釣り針!
  • アジ用の釣り針で釣れない?!
  • 釣り針のサイズ!
  • 小さくてもアジはアジ!

ルアー(疑似餌)の釣り針の種類とは?

※ルアーとは生のエサではなく、エサ(小魚)に見せかけた人工物のこと。

ルアーにも釣り針の種類がいくつかあります。
ルアーには、金属やプラスチックなどを素材とした、
「メタルジグ」
「ポッパー」
「ミノー」
「バイブレーション」
「スプーン」
「ソフトルアー」
などたくさんの種類があり、先ほど上記で記載した、「J」の字型、トリプルフックの他には、 アシストフックや重りと一体になっているソフトルアー用の釣り針、「イカ」(=餌木:えぎ)などの魚の種類によって 専用の釣り針を使うものなどがあります。

※専門用語が多くなってきて意味がわからない方は、何となくで構いません。

そんなたくさんのルアーの中でも「ソフトルアー」に使う釣り針は、特別種類が多いのでちょっと説明していきます。

ソフトルアーとは、ゴムのようなぐにゃぐにゃとした素材を使ったルアーのことで、 このソフトルアーにちょっと変わった形のソフトルアー専用の釣り針を刺し込んで使用します。

その為、ソフトルアーの素材と釣り針を別々に購入する必要があります。 なので、
「どの素材と」「どの釣り針」を組み合わせれば良いのかとても迷うところだと思います。(形状や大きさによって違ってくるので)

ソフトルアー専用の釣り針は、重りと釣り針が一体となっているものが多く、重りの部分が、 魚の頭に似せた形をしています。

なので、頭(重り)とソフトルアー素材の大きさのバランスである程度決まってきます。 購入の際は、頭でっかち(バランスが悪い)になったりしないようにバランスをよくすることで、 魚が釣れる確率がUPすると感じます。

私もよくソフトルアーを使って海釣りをします。 エサ釣りでなかなか釣れないような時に、このソフトルアーを使って、海の広範囲を探ります。

基本的には、エサ釣りは、待つ釣り。 ルアー釣りは、竿を常に操作する攻めの釣りといったところでしょうか。 なので、「待って釣れないなら攻めてみよう!」といった具合です。

ルアー釣りの釣り針にも大きさや形状などいろいろあるので、 余裕があったらたくさん試してみましょう!

ルアー釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ ルアー釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

<ポイント>
  • ルアー用の釣り針とは?
  • ルアーにもたくさんの種類がある!
  • ソフトルアー用釣り針は、種類が豊富!
  • ソフトルアーはバランスが大事!

海釣りの釣り針の種類まとめ

海釣りの釣り針の種類は、たくさんありますが、海釣りにおいては結構重要になります。

単純に大きな魚を釣りたいから釣り針を大きくすればよいのかと言えばそうなのですが、 釣り針を大きくする分、魚がヒットする確率はガタッと落ちます。

初めての海釣りでは、とにかく魚がヒットする確率を上げた方が、魚釣りが楽しくなると感じたので、 あまりにも大きな釣り針は、やめておきましょう。

購入の際は、「こんなので釣れるの?」と思うような小さな釣り針から 魚の名前が記載されている釣り針の号数の一番小さいものが、オススメです。

釣り針の号数は、一概に何号とはいえず、「魚の名前用釣り針」何号~何号となっていて、 各メーカによって呼び方が全然違ってきてしまいます。

なので、同じ号数でもメーカーや魚の種別によって大きさが全然違ってきますので注意してくださいね。

また、以上の点は、初めての海釣りに行く時の釣り針の選び方について書いてあります。 必ずしも、小さな釣り針が良いということではなく、初めのうちはヒットする確率を上げて海釣りの感覚を家族とともに体感 することを目的に記述してあります。

要点としては、適材適所の釣り針が好ましいのですが、これは、経験を重ねても難しい項目になります。 小さな釣り針から始めていくと、
「ヒットはするけど針にかからない。」
「魚がかかってもバレることが多い。」
「針が曲げられてしまった。」
などで、だんだんと実践で学んでいくことができると思います。

「周りの釣り人が釣れていて自分だけが釣れていない」
「自分だけが釣れていて周りの人は釣れていない」
という状況は、ちょっとした釣り針の違いにも隠されていることを覚えておいた方が良いでしょう!

<ポイント>
  • 釣り針で魚がヒットする確率を上げる!
  • 一概に何号の釣り針とはいえない!
  • メーカーによって様々な呼び方になっている!
  • ちょっとした釣り針の違い!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP