サビキ釣りとは何?

「サビキ釣りとは何?」
私がそうでしたが、サビキ釣りという名前自体で、抵抗を感じてしまいました・・・。

釣りと言えば、竿、糸、針、エサとシンプルに想像していたからです。
また、「海釣りと言えばなにもわざわざ難しい仕掛けにしなくても釣れるでしょう?」 と思い込んでいたともいえます。

実際は、サビキ釣り「すごい!」となったので、 サビキ釣りの仕掛けの仕組みから、 どうしてみんな、サビキ釣りを勧めるのか? など、詳しく書いてみたので参考にしてみて下さい。

サビキ釣りとは何?

サビキ釣りとは、簡単に説明すると、海釣り用の釣り方の名前の一つで、アミコマセ(エサ)で集魚して擬餌針で食わせる釣り方になります。
このように海釣りでは、釣る魚によって専用の釣り方の名前がいくつかあります。
例えば、
「ダンゴ釣り」
「テンヤ」
「タイラバ」
「餌木(えぎ)」
「フカセ釣り」
などがあり、それぞれ釣り方や使う道具が違ってきます。

その中でも、魚種を問わないで、たくさんの魚がかかる仕掛けになっていのが、「サビキ釣り仕掛け」ということです。 狙う魚をしぼらないで、たくさんの種類の魚を手軽に釣ることが出来る仕掛けになっているので、 とても人気のある釣り方になります。

サビキ釣り用の仕掛けとは?

サビキ釣り用の仕掛けとは?

・釣竿(リール付きorのべ竿)
・糸
・サビキ仕掛け針
・ウキ(なくてもよい)
・コマセカゴ
・重り
・アミコマセ(エサ)
・コマセ杓(しゃく)=エサを混ぜたり、放り投げたりする大きいスプーンのような物。
と基本的には、この様な仕掛けになっているが、 釣る人の好みや釣り方(遠投)によっては、浮きを付けたり、針にコマセを擦りつけたり、コマセカゴを針の上に付けたり、下に付けたりと 色々なアレンジが出来ます。

サビキ釣りの基本的なやり方は、
コマセカゴにアミコマセ(エサ)をたっぷり入れて、仕掛けを海に放り込むだけ!といたってシンプル。 ただ、竿をもって待っていれば、魚が勝手にかかります。
(私は何度も失敗してしまいましたけどね!笑)

竿を操作したり、合わせを入れたりといったことは基本的には必要ありません。 サビキ釣りで魚が釣れない方は、下の方の記事を参考にしてみて下さい。
=「サビキ釣りでも魚が釣れないのは何で?」

サビキ釣り用の仕掛けは、上記の道具が全てそろっている「サビキ釣りセット」も多く販売されていて、 つい購入して、すぐにでも海釣りに行きたくなってしまうところです。

サビキ釣りセットで一括で道具を購入しても、竿や糸、針など別々に購入してもどちらでもよいと思います。
ただ、初めのうちは、よく針が絡まったり、コマセカゴや重りがなくなってしまったりすることも多いと思いますので、 予備のサビキ仕掛け針やコマセカゴ、重りなどを2,3個持っておくと安心です。

サビキ釣り道具について詳しくはこちら➡サビキ釣り仕掛けににオススメの釣り道具とは?

小さな子供(幼稚園~小学生低学年)にオススメのサビキ釣りのやり方とは?

ここで、私がオススメするのは、小さな子供たち(幼稚園~小学生低学年)でもできる漁港で釣りをする場合の、サビキ釣りのやり方です。

小さな子供の場合、竿を振って仕掛けを遠くに飛ばす(遠投)は、かなり難しい(力がなくて遠くに飛ばせない)ので、 岸から竿を伸ばしてその場で釣るやり方になります。

子供の竿は短い(1.5~2m位)方が、持ちやすいので、岸から1.5~2mの所で釣りをします。
(できれば岸から2mの方がよく釣れるので、軽くて長い、のべ竿の方がオススメです。)
岸からすぐなので、子供が魚を見ながら釣りをすることが出来、とても面白いようです!

「そんな釣り方で本当に釣れるの?」

場所(堤防や防波堤)によっては、この釣り方(岸から1m)では、 釣りにならない場所(水深が浅すぎたり、障害物がある場所、魚がいないところ)もありますが、 漁港なら、ほぼこの釣り方で、魚を釣ることが出来るのでぜひやってみて下さい!

岸際という所は、けっこう魚が集まるポイントになっているので、ちょっと遠投(5~10m)するよりは、魚が釣れることが多いのでオススメです。

この岸際でサビキ釣りをするやり方は、サビキ釣りの仕掛けを作ったら、コマセカゴにアミコマセ(エサ)を詰め込んで、 ☆竿の長さ分☆の距離の所に落とし込むだけ! あとは、できるだけ竿を動かさないようにしてじっとまっていると勝手に魚がかかるよ!

ただ、集魚剤用のエサが、アミコマセだけだと魚が釣れないこともよくあることです。
そんな時には、別の集魚剤をアミコマセに混ぜ合わせることでじゃんじゃん魚が釣れるようになるのでぜひやってみて下さい!

<ポイント>
  • 幼稚園児でもサビキ釣りで魚が釣れるよ!
  • やり方は簡単!エサを詰めて仕掛けを海に落とし込むだけ!
  • できるだけ竿を動かさないようにすることがポイントだよ!
  • 集魚剤で手が届くところまで魚をおびき寄せよう!

そもそもどうしてサビキ釣りがいいの?

そもそもどうしてサビキ釣りがいいのでしょうか?

本や雑誌、インターネットやテレビなどたくさんの情報では、このサビキ釣りをオススメしています。
それは、いったいどうしてでしょう?
私たち家族も海釣りに行ってみるまでは、意味が分かりませんでした。

海には、たくさんの魚で溢れているイメージがあり、なにも難しい仕掛けをセットする必要性などないのでは? しかし、実際に海釣りに行ってみると(漁港や堤防)、たくさんの釣り人が、サビキ釣りをしていました。

「何でみんなサビキ釣りをしているの?」

私はとても不思議でしたが、
答えは、私が想像しているよりはるかに魚が釣れないからだと感じました。

釣る場所にもよると思いますが、針に餌を付けて海にたらしておけば、何かしら魚がかかると思い違いをしていたようです。 もちろん魚が釣れないのは、知識や経験不足によるところが大きいのですが、 初めて海釣りに行った私たちには、こんなにも魚が釣れないのかとがっかりでした・・・。

ただ、このサビキ釣り、魚が釣れだすと思っている以上に魚が釣れます。
仕掛け、時間帯、場所、集魚剤などの組み合わせにより、たくさんの種類の魚がかかります。

この魚種を問わないところも大きな魅力の一つで、小さな魚(10cm未満)から大きな魚(50cm位)まで幅広い種類の魚がかかります。

運が良いと「ヒラメ」「クロダイ」「マダイ」「イナダ」まで釣れちゃうのも大きな魅力です。

そして、このサビキ釣りで釣り上げた「アジ」などの小魚を付けエサにして「泳がせ釣り」ができるところも大きな魅力です。

泳がせ釣りについて詳しくはこちら➡アジが釣れたら、泳がせ釣りをやってみよう!

サビキ釣りをする場所はどこがいいの?

「サビキ釣りをする場所はどこがいいの?」

※ここでは、小さな子供たち家族と行く海釣りとして書いています。 小さな子供と一緒に海釣りに行く場合、危険なところ(崖や波打ち際、テトラポット、堤防の先端など)は、 除外しています。

魚がたくさんいて、竿を振れば魚がかかるような所(人が寄り付かないところ)が、一番良いと思いますが、 そういう場所へは、小さな子供たちを連れては行けません。

そこで、小さな子供たちの安全を考えながら、魚釣りを楽しめる場所として、
「魚釣りができる漁港」をオススメしています。
※海沿いには、たくさんの漁港がありますが、魚釣りをしてはいけないところもたくさんあるので、 気を付けましょう!

サビキ釣りをするからといって何も特別な場所に行く必要はありません。

・・・が、砂浜(サーフ)では、サビキ釣りは不向きなのでやめておきましょう。 (砂浜(サーフ)では、遠投(100m)する必要があるためです。)

小さな子供たちとサビキ釣りをする場所としては、海釣り施設のある漁港や堤防がよいとお話ししましたが、 その中でも駐車場が近く、トイレがあり安全な場所が良いと思います。

詳しくはこちら➡①まず初めに釣る場所を決めよう!

サビキ釣りでも魚が釣れないのは何で?

私が一番書きたかったのは、この部分のように感じます。

私ほど、魚釣りが下手で、サビキ釣りをしたにもかかわらず、一匹も魚が釣れない方はいないのではないか?

また、一匹も魚を釣ることが出来なかった様子から釣れるようになったポイントを書いてみました!


その①
合わせを入れてしまっていた!

※合わせとは、魚がえさに食いついた時に、竿をあおって針にかけさせること。 この合わせを常に入れてしまっていた為、魚を針にかけさせるどころか、逆に針から外してしまっていた。 これは、魚が小さすぎたために合わせを入れる必要がなかったことが原因。 小さい魚(30cm以下)の場合、仕掛けに使う針は小さいので、とても外れやすくなっています。 そのため、合わせを入れると針が外れてしまいます。 漁港や堤防などでサビキ釣りをする場合では、よほど大きな釣り針で大きな魚(50cm以上)を狙わない限りは、 合わせは入れない方が良いと感じました。


その②
アミコマセ(エサ)が腐っていた!

アミエビ(集魚剤)のことですが、夏場に車で海釣りに行っていた私たちは、アミコマセのあまりの匂いの臭さに、 車の外に放置していました。するとアミエビは、通常、赤色をしていますが、黒く変色してしまっていました。 それでも、もったいないのと釣れるだろという安易な考えから、この腐ったアミコマセを使い、 サビキ釣りをしたわけですが、全く釣れませんでした・・・。


その③
魚がいないところで釣りをしていた!

これは、私が、たくさん釣り人がいる所は嫌だったので、釣り人がいない漁港で釣りをしていたのですが、 (魚が釣れないので釣りとは言えないが・・・。) どうやら魚がいない場所だったようです。 正確には、魚は常に移動するので、この時にはいなかったということになりますが、 このように、魚がいない場所では、いくら頑張ろうとも釣れません。 同じ場所でも、時期によっては魚がたくさん集まることもあり、釣りの奥深さが感じられます。 海釣りをしていると、ブーン!と車やスクーターで現れて、ぐるっと見て回って帰っていく釣り師の方をよく見かけます。 これは、多分、魚がいるかどうか確認しているものと思われます。 ただ、私は、海まで遠い道のりで来ているため、魚がいないからといって、すぐに引き下がりませんけどね。 なので、今いる魚をいかにどうやって釣り上げるかを考えながら釣りをしています。 そのため、海釣り道具は、サビキ釣りだけでなく、様々な魚種に対応できるように、 ちょっとずつ買い足しています。

様々な仕掛けの種類について詳しくはこちら➡堤防からの海釣り仕掛けの種類とは?



その④
アミコマセだけでサビキ釣りをしていた!

魚の活性(エサへの食いつき)が、高い時には、このアミコマセだけで魚が釣れますが、 活性が低い時には、アミコマセだけでは、釣れないことも多いです。 そんな時は、集魚剤をアミコマセに混ぜると効果的です。 集魚剤は、アジ用やグレ用などでたくさんの種類があるので、お好みで使ってみるのも良いかと思います。 私は、サビキ釣りをする時には、必ずアジ用の集魚剤を混ぜ合わせています。 抜群の効果がでるので、アジを釣りたい方は、ぜひ購入しておきましょう!


その⑤
サビキ仕掛け針のサイズが合っていない!

サビキ仕掛け針の種類は、色や形の違ったものなど、たくさんの種類があり、とても迷ってしまうところです。 ほとんどのサビキ仕掛け針には、魚の名前が表記してあるので、それを購入すれば間違いないように思われます。 しかし、実際には、針のサイズが問題になります。 なぜかというと、魚のサイズが、大小さまざまなのに、同じ大きさの針で釣れるわけないからです。 私がサビキ釣りで魚を釣ることが出来なかったのも、この釣り針の大きさが大きすぎたためでした。 釣り場にいる魚が小さいのに、大きい釣り針で釣ろうとしても、魚の口の中に針が入りません・・・。 また、経験としてちょっとお値段の高いサビキ仕掛けのほうがよく釣れると感じます。


その⑥
とにかく遠投しようとしていた!

とにかく遠くに投げれば、魚が釣れると勘違いしていた・・・。
これは、考え方が全然違っていて、要点は、魚が通る道、もしくは、魚が集まる場所なら、 遠投する価値があります。 しかし、家族で海釣りに行く場合、小さな子供たちに遠投は難しいので、遠投しない方が魚を寄せ集めやすいように感じました。 どういうことかというと、 家族みんなで、集魚剤(アミコマセ)を同じ場所に投下することで、魚を集めやすくすると同時に、集まってきた魚たちを できるだけ、その場にとどまらせることで、効率よく釣れる状態を作り上げることができます。
そのため、遠投してしまうと集魚剤が、多方向へと散らばってしまい、かえって釣れなくなってしまうことも多いです。 場所や状況によっては、遠投しなければ、魚が釣れないこともあるかもしれませんが、 小さな子供たちとサビキ釣りをする場合に限って言えば、遠投をする必要性はないでしょう。
そして、サビキ釣りで遠投をしようとする場合、重くて固い釣竿が必要になります。 理由は、サビキ仕掛けは、大きいウキ+コマセ+重り+仕掛けと仕掛け自体に重量があるため、その重量に耐えられるだけの釣竿が必要になってくるというわけです。 重い釣竿では、小さな子供には重労働になってしまいますね(笑)

サビキ釣り道具について詳しくはこちら➡サビキ釣り仕掛けににオススメの釣り道具とは?

<ポイント>
  • 小さい魚の場合、合わせはいらない!
  • アミコマセは腐らせてはダメ!
  • 魚がいなければ釣りにならない!
  • 集魚剤をプラスしてみよう!
  • サビキ仕掛けの針の大きさを合わせよう!
  • ただ遠投すれば良いというものではない?!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP