ダツが釣れた!

ここでは、ダツの
「データ」「仕掛け」「釣り方」「釣れた時のこと」
が書いてあります。
ダツは、へびみたいに細長く大きい魚なので 釣れた時には、とても興奮しました! 海面を泳いでいるダツを発見できたら、釣れるチャンスあり!

ダツについて

ダツ目:ダツ科
名前ダツ
体長平均100cm
食味★★☆☆☆/淡泊
調理の仕方によっておいしく食べることができるかも?
食性小魚
釣れた場所新潟県の堤防。岸から20m/水深0m海面
釣れる場所堤防などの沿岸に回遊してくる(新潟県では、生息確認済)
日本沿岸各地
特徴ダツの特徴は、細長い体形と鋭い歯を持ち、長く突き出た「吻」(ふん:目から前の部分、口を指す魚用語)。 ダツは、光に反射する小魚のうろこや似たような光を放つヘッドライトに反応し、ものすごい勢いで突進する傾向があるため、 夜間時などのライトを装着したダイバーや漁師に恐れられています。(体に突き刺さるほどの勢いで突進してくるようです) また、ダツは表層(海面付近)を泳ぐので堤防などのちょっとした高い場所からダツの姿が目視で確認できることが多い のも特徴的です。もしダツが釣れた時には、ものすごい勢いで暴れるので鋭い歯で噛みつかれたり、 長く突き出た吻に刺さってしまわないように吻を足で押さえるなどして、対応した方が良いでしょう。

ダツに似ている魚

ダツ目:サヨリ科<サヨリ>

ダツに似ている魚として「サヨリ」という魚がいます。
このサヨリもダツ同様、吻(目より前の部分)が長く突き出た形をしていますが、 上あごは短く、下あごが長く伸びているという違いがあります。 (ダツは上あご、下あごともに長く伸びている)
また、体長にも大きな違いがあり、サヨリは平均30cmに比べ、ダツは平均100cmとダツの方が大きいことが分かります。
ですが、ダツが大きく成長する前ならサヨリによく似るかもしれません。
このサヨリは、食味も★4つとなかなか美味な魚として知られています。

ダツの仕掛け

<浮き釣り仕掛け>

ダツの仕掛けは、この浮き釣り仕掛けで釣りました。
ダツが泳いでいた場所は、堤防から30メートルくらい離れたところだったので 、浮きを遠投性の良いものを使い、海面に仕掛けが流れるように、ウキ下の重りは軽いものを使用。
それと、マキエ杓(しゃく:集魚剤を撒くための長いスプーンのような物)を使い、 オキアミ(動物性プランクトン)を入れた集魚剤も使いました。
付けエサは、オキアミを使用。
ハリスはフロロカーボンライン2号を1m。
ハリは、チヌ針2号とダツの鋭い歯でハリスを切られてしまわないようにしました。

浮き釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ 浮き釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

<ルアー仕掛け>

ダツは、小魚のうろこに光が反射することに反応するので、 ルアー仕掛けも良いです。
ルアーは、メタルジグ、ミノー、ペンシルなどで キラキラと光が反射するタイプが良く、海面を狙えるルアーがオススメ。
ダツは、小魚を捕食するので、ルアーも小さめが良いでしょう。

ルアー釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ ルアー釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

ダツの釣り方

ダツは、表層を泳ぐので、目視で確認できるときには、釣れるチャンスあり!
釣り方は、とにかく表層(海面~海面下1m位)に仕掛けを流すこと。
浮き釣り仕掛けの釣り方は、ダツが捕食しようとしている小魚と一致する付けエサが理想的なのはもちろんのこと、 集魚剤も使う方が効果的です。
また、ルアー仕掛けの釣り方も海面直下を狙う釣り方になります。 水深深くにルアーを通してもダツが反応しないことも多いので、 シンキングタイプのルアーよりもフローティングタイプのルアーで、 キラキラと光る小魚を演出するとよいと感じます。

<ポイント>
  • ダツを釣るなら浮き釣り仕掛けかルアー仕掛けがオススメ!
  • ダツが目視で確認出来たらチャンス到来!
  • 仕掛けを海面直下に流そう!
  • キラキラと光る小魚を演出!

ダツが釣れた時のこと

なかなか合わなかった家族みんなの予定が、久しぶりに合ったので、急遽海釣りに行くことに!
日程は、一日限り。日帰りでの釣行。
時期は、9月後半と暑さがやわらいできた釣りやすい時期。 朝まづめに合わせるため早めの就寝と早起き開始。
「ブンブンッ」と車を走らせること数時間・・・。 やっと釣り場に到着。

着いてみると波が程よく、風も少なく、天気が良い。
「なんと釣り日和か!」
と胸が躍りまくる!
子供たちも久しぶりの海釣りとのことで、釣る気満々だ! 早速、釣竿に仕掛けをセットし、釣り場まで歩いていると・・・。 海面をゆうゆうと泳いでいるダツを発見!
「あーあれも釣りたいね!」
と子供たち。
「そうだね!釣ったことないからぜひ釣ってみたいね!」 とさっそくターゲットの魚をダツに決定!
よく周りを見渡してみると3匹見つけることができた。 釣り座に到着し、ダツの仕掛けをセットしようとするも・・・。
「あれ?ダツの仕掛けって何?」
と疑問符・・・。
ネットで調べてみると小魚を食べるとのこと。

しかし、エサに小魚の用意はなく、周りのサビキ釣り釣り人を見ても釣れている様子がない。 しょうがないので釣具屋さんで購入してきたオキアミ+集魚剤を使ってみることに。
仕掛けは、浮き釣り仕掛けにし、ダツまでの距離が30m位と遠いところを泳いでいたので、 遠投性のある浮きをセット。
これなら小さな子供でも簡単に仕掛けを遠投することができるので重宝している。

一番目に仕掛けの用意ができた長男から釣り開始!
「シュッツ」と仕掛けを遠投するとちょうどダツが定位しているあたりに到達。

「これはいけるかも?」

と子供たちとドキドキわくわく!
次に、集魚剤をバケツの中でコネコネ作業開始。
こちらは、次男とパパとで一緒に作成。
集魚剤が混ぜ終わると、すぐに長男がマキエ杓を使って集魚剤を撒いてみる。
「・・・・・・・・。」
そんなにすぐには来ないか?とここで次男とパパの竿に仕掛けをセットするパパ。 &次男がママとトイレタイム。


静かな海辺に長男とパパが取り残された形となった。
・・・が、落ち着く間もなく長男の仕掛けがセットされた浮きの近くにダツが!!!
「!!!!!!!!」
ついに来たか!と長男と一緒に真剣な表情で浮きを見つめる。
すると、ダツがぐるぐると浮きの周りを回りだした!!!
「くるか?くるか?!!!」
と慌てふためくパパをよそに、長男は一言もしゃべらず超真剣!
釣竿を下に下げた状態をキープし、いつダツがかかっても準備万端で待ち構える。


すると


「フッ」と浮きが沈んだ!!!
「きたーーーーーーーーー!!!」
と長男が叫び
「ギュルギュルギュル」とリールを高速で巻き上げる。
「重い?重い?」とパパが長男に尋ねるも回答しない長男。
写真写真とパパが騒いでいるとあっという間にダツを釣り上げた!!!

「よっしゃああああーーーー!」

長男が吠える。
しかし、釣り上げたダツは、ものすごい勢いで暴れ始めた!
「危ない!!!」
グニャグニャと折れ曲がる体を右に左に釣竿に吊るされたままの状態で暴れまくるダツ。 「早く下に寝かせろ!」と偉そうに指示を出すパパ。
そして、長男が竿を下に倒し、ダツが横たわった隙に、すかさずパパがダツの頭を足で 抑え込むことに成功!
抑え込んだダツの鋭い歯を見るとおののく長男・・・。
「ダツは、体に突き刺さるほどの口を持ち、とても危険なんだと」 あれこれとお説教を垂れるパパ。
しばらくするとやっとおとなしくなったダツ。
「このダツはどうするんだ?」と長男に持って帰るのか尋ねると、 当然のように「持って帰るにきまってるでしょ!」と得意げなご様子!
食べれるのかどうかもわからなかったが、クーラーボックスに入れてみる。
そして、スマホ検索。
どうやら、食べれないことはないようだ。
と分かったところで、次男とママがご到着。 「すごいじゃん!」とママと次男。

「ぼくもやる!」と次男もがぜんやる気になったが、 いつの間にか3匹いたダツがいなくなってしまっていた・・・。


その後、しばらく釣りを家族で楽しんだが、ダツが釣れたので、早めの帰宅にし、 釣れたダツを家に帰ってから食べてみることにした!

<ポイント>
  • 久しぶりの釣り日和!
  • 海面を泳ぐダツを発見!
  • 浮きに近づくダツ!
  • 暴れまくるダツ!
  • 何とか抑え込みダツをGET!

ダツの骨が緑でビックリ!

釣れたダツを家に持って帰り、食べてみることに!
クーラーボックスに、丸めて入れられたダツを車に詰め込み、 帰宅の準備に取り掛かる。
すると、子供たちが、「じーちゃん(祖父)に見せる!」と言って釣れたダツを自慢したがっている。
「時間も早いし、ちょっと電話してみるか?」
とじーちゃんに電話してみるも「今日は出かけるからだめだぁ~」とのこと。 「ふ~ん。」と残念がる子供たち。
車に揺られながら帰る道中、ダツのさばき方をスマホで検索する。
検索すると、刺身がおいしいとの記事を発見。
しかし、未だに魚を3枚におろすのが、上達していないパパ。 なので、お刺身は、あきらめた。
「あきらめ早っ!」
それよりも「ダツの骨が緑!?」の記事に反応し、 がぜん捌くのが楽しみになるパパ。
いろいろと調べた結果、簡単なぶつ切りにした焼きダツに決定! 「ブンブンッ」とようやく家に到着し、ダツを水で丸洗い開始。
「それにしても長い魚だねぇ~。」と子供たちと観察してみる。 丸洗い後、ダツの内臓を取り出すためにお腹に包丁を入れようとすると 、子供たちはそそくさと退散する。
(子供たちは、内臓を見るのが嫌なようである)
いつものように内臓を取り出そうとするも
「な、長いーーー。」
長い魚のお腹を捌く距離も長いことにビックリ!
途中、まっすぐに包丁を入れられず、切り口がガタガタに・・・。
しかし、なんとか切り終わり、内臓を取り出してみると エラ付近に、きれいな「緑丸玉」を発見!

「何だこれは!?」

とビックリし子供たちにも見せてみる。
「ほんとだ!なにこれ!?」と言うも一瞬でその場を退散する子供たち。 そうとうに内臓を見たくないようだ。
「後で調べてみよう!」と何も気にせずに内臓ごとごみ箱に捨てた後だった。
「写真撮ればよかったのに~。」と子供たち。
「確かにーーー!」
後悔するも「もうすでにごみの中・・・。」
ごそごそと内臓を洗い流し、中を覗いてみると

「本当だ!!!ダツの骨が緑!!!」

子供たちも鮮やかな緑の骨にビックリ!

今度は、忘れずに写真を「パシャリ!」と撮影し、焼きダツにして食べてみることに!

<ポイント>
  • ダツが長すぎたのでクーラーボックスに丸めて収納!
  • ダツのお腹を捌くのも長かった!
  • ダツの内臓から緑丸玉発見!
  • ダツの骨が本当に緑だった!

ダツを食べてみた!

内臓を取り出し終わったダツを魚焼きIHグリルに入る大きさにぶつ切りにカット。 塩を振り、弱火でじっくり焼くことに。
「ピーピーピー」
焼き時間の終わったダツをさっそく確認してみる。
ピンと長かったダツが、なんだか丸まってしまい、変な形に・・・。
「見た目は変でも、味はどうかな?」
さっそく食べてみる。
子供たち「・・・・。」
パパ「・・・。」
ママ「ん~美味しいよ!」
焼き加減が悪かったのか?
ダツを食べる時期が違ったのか?
時期的にはそんなに悪くないと思ったが、 子供たちにはいまいちな様子。

魚を焼くのが、いつも上手に焼けない・・・泣。

どうすればうまく焼けるのかいつも試行錯誤の私。
「川魚(イワナ)を外で、焼いて食べた時は、最高にうまかった(笑)」
「あの店で、食べたサンマも脂がのってて、よだれが垂れるくらいうまかった(笑)」


のに・・・。

家のIHグリルで焼くとイワナ、サンマ同様、どうしてもうまく焼けない。
そして、今回のダツもうまく焼けていないのだと実感。
魚は、焼き方や焼き加減がとても重要に感じる私。
どうすればおいしくジューシーに焼けるのか?



次回の私に期待したい。

<ポイント>
  • 家のIHグリルではうまく魚が焼けない?!
  • 焼き方を試行錯誤してもダメ?!
  • 焼き方焼き加減が大事な魚をうまく焼きたい!
  • 次回の私に期待したい!
次のページ: イナダが釣れた!
前のページ: ワカシが釣れた!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP