ドンコ(エゾイソアイナメ)が釣れた!

ここでは、ドンコ(エゾイソアイナメ)の
「データ」「仕掛け」「釣り方」「釣れた時のこと」
が書いてあります。
ドンコとは、正式名「エゾイソアイナメ」と「チゴダラ」が混同した一般に広く知れ渡った通称の呼び名になります。
また、ドンコはグロテスクな見た目とは裏腹に、大変美味な魚であることにビックリです!!

ドンコ(エゾイソアイナメ)について

タラ目:チゴダラ科
名前エゾイソアイナメ
体長平均20~30cm/最大40cm
食味★★★★☆/美味、特に肝が美味◎
食性小動物、小魚、アオイソメなどのゴカイ類
釣れた場所神奈川県の漁港。岸から2m/水深5mの海底
釣れる場所漁港や堤防、砂利底(神奈川県では、生息確認済)
北海道以南沿岸各地の浅い海域
特徴エゾイソアイナメの特徴は、何といってもその見た目。 にゅるっとした表面に覆われ、黒ずんでいて、なんともグロテスク。 おなかは、プックリと膨らんでいて(膨れていない個体もいる)何ともアンバランス。 しかし、その見た目とは裏腹に大変美味な魚として知られています。 そっくりさんの「チゴダラ」と判別が難しいですが、どちらも大変美味。

ドンコ(エゾイソアイナメ)に似ている魚

タラ目:チゴダラ科<チゴダラ>

エゾイソアイナメに似ている魚として「チゴダラ」という魚がいます。
このチゴダラは、エゾイソアイナメの外見に違いがないほど非常によく似ていて判別が困難とされています。
私愛用の魚本によると、エゾイソアイナメは、浅場。チゴダラは深場。と生息域によって区別されていて、 今後の研究発表に注目とのことです。

ドンコ(エゾイソアイナメ)の仕掛け

<ブラクリ仕掛け>

エゾイソアイナメの仕掛けは、ブラクリ仕掛けで釣りました。
ブラクリ仕掛けは、釣具屋さんにて購入。
エサは、アオイソメ(ミミズみたいなエサ)をセット。
釣竿とリールは、セット売りの子供用の短い竿を使いました。


ブラクリ仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ ブラクリ仕掛けにオススメの釣具とは?

<ルアー仕掛け>

エゾイソアイナメは、ルアー仕掛けでも釣れます。
ルアーは、ソフトルアー(ゴムみたいに柔らかい疑似餌)で、「アジ」用の小さなタイプが良いと感じます。
小さなソフトルアーを使うので、釣竿は、竿先が柔らかい感度の良いタイプ(エギング用など) が使いやすいです。

ルアー釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ ルアー釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

<ポイント>
  • エゾイソアイナメ釣るならブラクリ仕掛け!
  • エサは、アオイソメなどのゴカイ類!
  • ルアーにも反応してくる!
  • ルアーはソフトルアーが効果的!

ドンコ(エゾイソアイナメ)の釣り方

エゾイソアイナメの釣り方は、上記のブラクリ仕掛けやソフトルアー仕掛けで、海底を狙います。
ブラクリ仕掛けの場合は、仕掛けをいったん海底に落とし、糸フケ(余分な糸のたるみ)を巻き取った後、 仕掛けが海底より1m位上になるように糸を巻きます。

そして、手首の上下運動だけで竿を操作します。仕掛けを海底まで沈めたり、ちょっと上に持ち上げたりとを繰り返します。
上に持ち上げるときは、「スウーーーッ」と下におろす時には、「ゆらゆらゆら」と演出する感じです。
こちらの釣り方は、ソフトルアーを使った時にも同じです。
ただ、ルアーを使った時には、常にルアーを動かす必要がありますが、 ブラクリ仕掛けのエサ釣りの場合には、ちょっと放置していてもかかることがあります。

どちらの釣り方が良いとは言えませんが、小さな子供たちが釣るならブラクリを使ったエサ釣り仕掛けがオススメです!

<ポイント>
  • エゾイソアイナメを釣る時には海底を狙おう!
  • ゆらゆら感をうまく演出しよう!
  • ソフトルアーも同じ釣り方!
  • 小さな子供ならエサ釣り仕掛けで!

ドンコ(エゾイソアイナメ)が釣れた時のこと

私が、ドンコ(エゾイソアイナメ)釣った時のことです。
この時は、神奈川県の漁港へ家族で足を運びました。 この漁港へは初めて行きましたが、とても広くて、たくさんの釣り家族でにぎわっているとても良い漁港でした。

お昼ころから釣り始め、家族で頑張って釣りをしていましたが、なかなか釣れない状況が続きました。
だんだんと薄暗くなり始め、夕まずめだと意気込んでいると、 目の前の海面で、小魚が「ザワザワザワーーーー!!」と飛び跳ねました!

「なんだーーーー!!!ナブラかーー!!!!」
と持っていた仕掛けを急いでルアーへと変更し、ナブラへ向かって遠投した!

しかし、釣れない・・・・・。
このナブラ?は30分くらいと長めに続いていた割には、何の反応もなかった。 釣りがへたな私は、あれこれ考えてみたところ仕掛けを替えることにしました。
ブラクリ仕掛けにアオイソメを付けて、根魚を狙ってみることに。
遠投すると根がかり(仕掛けが岩に挟まる)になるのが嫌で、岸際に仕掛けを落とし込んでみた。
水深は約5m、周りの若い釣り師の方が、「カサゴ」を釣っていたので、ちょっと期待して釣りに励んでいました。

この頃、うちの子供たちは、昼間の疲れもあって車の中で休憩中ということで、 私だけ夜釣りを楽しむことに!
少しづつ移動しながら釣っていくと、「ゴンッ」となかなか良い当たりが!
「ギュルギュルギュルッ」と糸を巻き取っていくと

見たことのないグロテスクな魚が!!!
「なんだこの魚はーーーー???」と驚きながらも針にかかったままの状態で、歩いて車に戻ることに。
そして「じゃじゃじゃじゃーーーーーん!!」と子供たちに見せびらかすと
「おおおお~~~~~!なんだその変な魚は!」と予想通りの反応に満足する私!
子供たちにしっかりと謎の魚を見せた後、なんて言う魚なのか調べてもらうことにしました。
そして、そのままだと謎の魚が死んでしまうので、写真を「パシャリ」と取った後、海にリリース(返した)しました。

そして、いったん釣り道具を片づけ、車の中に戻り夜ご飯を食べることに。
「もぐもぐ」と遅めの夜ご飯を食べていると、うちの子供たちが
「この魚じゃない?」「ちがうよ!こっちの魚だよ!」と必死に調べてくれていた。
うちの子供たちは、まだまだ小さく全然違う魚を指さしている。

その時、ママが「ギンポ」じゃない?と口づさむ。
「そうかギンポか!」とご飯を食べながらうなづいていた私。
そして、ご飯を食べ終え、子供たちは、車の中で寝る準備に入っていたので、 再び私だけ、夜釣りに向かうことに。

どこで釣りをしようかと歩いていたら、若い釣り師の方が声をかけてきた。
「この魚の名前わかります?」
見てみるとさっき私が釣った魚と同じ魚だ。

私は、得意げに「ギンポじゃないかなぁ?」とうたってみる。
すると若い釣り師の方が「やっぱそっち系ですかねぇ?」と答えた。
ところが・・・・・。



あとで、家に帰ってから魚本でよく調べてみるとなんと!


ギンポじゃないことに気付いた!


・・・・・・・・・・。


あの若い釣り師の方に、得意げに、「ギンポじゃないかなぁ?」と、うそを話してしまっていたのだ。
なんだか「がっくり」し、急に申し訳なく感じてしまった私でした。

<ポイント>
  • 水深5mの海底でゲット!
  • グロテスクな謎の魚が釣れた!
  • 「ギンポじゃないかなぁ?」と、うそを!
  • 申し訳ありませんでした・・・。!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP