イシダイ(シマダイ)の幼魚が釣れた!

ここでは、イシダイの幼魚に関する
「データ」「仕掛け」「釣り方」「釣れた時のこと」
が書いてあります。
30cm以上の大きいイシダイは、とてもおいしい魚なので、ぜひ釣って持って帰りましょう!

ただ、私が釣ったことのあるのは、イシダイの幼魚で、手のひらサイズの小さな魚・・・。 こういう小さな魚は、大きく育つように海に逃がしてあげた方がいいかも!

イシダイの幼魚について

スズキ目:イシダイ科
名前イシダイ(シマダイ)
体長幼魚20cm以下~/最大60cm
食味30cm以上は、★★★★☆/美味
食性甲殻類、貝類(サザエ、ウニ)、アオイソメなどのゴカイ類
釣れた場所新潟県の漁港。岸から2m/水深2mの海底
釣れる場所イシダイの幼魚は、新潟県の漁港などの浅場でよく釣ることができます。(新潟県では、生息確認済) 大物(30cm以上)サイズは、沖堤防、岩礁帯に潜み、日本海沿岸各地に生息
特徴イシダイの幼魚(20㎝以下)の場合は、漁港や堤防などで比較的よく釣ることができます。 しましま模様がきれいな魚で、小さな子供たちにも人気がありますね! たまにちょっと大きいサイズ(20㎝位)も釣れ、引きも力強いので面白いです!

イシダイの幼魚に似ている魚

スズキ目:カゴカキダイ科<カゴカキダイ>

イシダイの幼魚に似ている魚として、カゴカキダイという魚がいます。
私は釣ったことがないので、写真はありませんが、上図を見ると体のしましま模様が、「横」になって見えますが、 これを「縦帯」と呼びます。
逆に、イシダイは、「横縞」になっています。
体長、形状ともによく似ている魚になります。

イシダイの幼魚の仕掛け

<サビキ釣り仕掛け>

イシダイの幼魚は、このサビキ釣り仕掛けでよく釣ることができます。
小さな子供たちと一緒にサビキ釣りをする場合、
「アジ」「サバ」「メジナ」「コモンフグ」 などのたくさんの魚種の中に混じって、このイシダイの幼魚もよくヒットします。(新潟県では)
ちょっと遠投したり、深場の岩礁にサビキ釣り仕掛けを投げ込めば、もしかしたら大物がヒットするかも?!

また、サビキ釣り仕掛けのコマセ(集魚剤)に、「クロダイ」用の集魚剤を少し混ぜてみると、 釣れる確率がUPすると感じます!

もしかすると大物のクロダイが釣れちゃうかも!!!

サビキ釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ サビキ釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

<ポイント>
  • イシダイの幼魚釣るならサビキ釣り仕掛け!
  • たくさんの魚種の中にイシダイの幼魚も!
  • 集魚剤にひと手間!ひと工夫!
  • 大物は、岩礁に!!

イシダイの幼魚の釣り方

イシダイの幼魚の釣り方は、「サビキ釣り仕掛け」が、おすすめ。
そして、サビキ釣り仕掛けですが、特にこれといって特別なことは必要ありません。 一般的なサビキ釣りでOKです!

針が5,6本連なっているサビキ仕掛けをリールから出ている道糸に取り付け、重りとコマセカゴをセット。 コマセカゴに、コマセ(集魚剤)を詰め込み、海の中に仕掛けを投げ込めば完了。

竿を操作する必要はなく、じっと待っていれば、勝手に魚がかかります。 (合わせとかはいらないよ!)

そして、仕掛けをわざわざ遠投する必要もなく、岸から1~2mの岸際でも釣ることができます。

イシダイの幼魚がいるのにどうしても釣ることができない場合は、サビキ仕掛けの「針」のサイズが、大きすぎる場合もあります。
(魚の口のサイズより針が大きければ、口の中に入らないよ!)

また、違う魚種ばかり釣れてしまう場合は、集魚剤に違う種類の集魚剤を混ぜてみるのも効果的です。
このイシダイの幼魚は、初めて海釣りに行った時に、比較的釣りやすい魚になります!

<ポイント>
  • サビキ釣りでOK!
  • 小さな子供でも釣れちゃうよ!
  • 針のサイズは小さめに!
  • 違う集魚剤も効果的!

イシダイの幼魚が釣れた時のこと

私が、イシダイの幼魚を初めて釣った時のこと。
手のひらサイズの小さな魚だったけど、あまりにもきれいな魚で、子供たちと一緒に感動しました。

海の中を覗いてみると、「あっ!イシダイだ!」と発見できるものの、 なかなか釣ることが出来なかったのを覚えています。

それでも釣ることができたのは、子供たちと一緒に考え、試行錯誤した結果でした。
すぐ隣にいる釣り人には、イシダイの幼魚が釣れるのに、
「私たち家族には、釣れない?!」
何か違いがあるはずだと、じっくりと観察。

サビキ仕掛けの水深を変えてみたり、釣り針を変えてみたりと、色々なことを試しました。

すると、小魚は群れを成してエサに食いついてくることを発見! その小魚の群れが、違う場所に移動するまでは、他の魚は、あまり近づけないようで、 魚同士で、縄張り争いをしているように感じられました。

なので、エサを変えてみたり、時間差で、子供たちに釣らせてみたりと、考えているだけで 「ワクワク」楽しい時間でした!

そのかいあって、釣れた時には、家族みんなで大喜びでした!!!

<ポイント>
  • きれいな魚に感動!
  • 見えるのに釣れないもどかしさ!
  • 小魚は縄張り争いをする?!
  • 釣れた時は、子供たちと大喜び!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP