キタマクラが釣れた!

ここでは、キタマクラの
「データ」「仕掛け」「釣り方」「釣れた時のこと」
が書いてあります。
キタマクラは、「猛毒!危険!絶対食べるな!!!」
その名のごとく、食べてしまうと死んでしまうことからこの名が付いているので、 海釣りをする際には、是非とも知っておきたい魚ですね。

キタマクラについて

フグ目:フグ科
名前キタマクラ
体長平均10~20cm
食味絶対食べちゃダメ!!!
食性藻類、貝、小動物
釣れた場所神奈川県の漁港。岸から2m/水深2m
釣れる場所漁港や堤防、岩礁帯、砂利底(神奈川県では、生息確認済)
本州中部以南の太平洋
特徴このキタマクラには、皮膚に猛毒、肝臓や腸にも毒(テトロドトキシン)があるのが特徴です。 体形は、一般的なフグによく似ていてるのですが、体の表面に、青く光るまだら模様がある個体がいます。 (私が釣ったのはこの個体)。また、キタマクラは、成長によって色や模様が変わるのも大きな特徴です。 歯が固く、釣り糸を噛み切ってしまうほどなので、口の中に指を入れないよう気を付けましょう!

キタマクラに似ている魚

フグ目:フグ科全般

キタマクラの体形に似ている魚は、フグ科全般よく似ています。
体形は、フグ独特のふっくらと膨らんだおなか周りと、パタパタと動かす小さな胸びれが共通しています。
体の色や模様が、それぞれ違いますが、キタマクラは独特の模様(迷路みたいなまだら模様や斑点がある)があるので、 すぐに見分けがつきます。

キタマクラの仕掛け

<浮き釣り仕掛け>

キタマクラの仕掛けは、上記の浮き釣り仕掛けで釣りました。(うちのママが)
特に釣る魚種をしぼっていたわけではないので、簡単な仕掛けになっています。
エサは、アオイソメ(ミミズみたいな虫)で、「なにか釣れればいいかなぁ」という仕掛けです(笑)
ポイントは、普通の仕掛けに浮きを付けることで、遠くに仕掛けを投げることができる点と 浮き止めの位置を移動することにより、仕掛けの水深を一定に保つことができることです。

浮き釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ 浮き釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

<ポイント>
  • 浮き釣り仕掛けで釣れてしまった!
  • エサは、万能のアオイソメ!
  • 比較的色々釣れる浮き釣り仕掛け!

キタマクラの釣り方

キタマクラを釣った時の釣り方は、上記の浮き付き仕掛けで、 特にキタマクラを狙ったわけではありません。(笑)
釣り方と言っても仕掛けを放り投げて浮きが沈むのを待つだけというシンプルなものです。 魚図鑑で調べても特に釣り方が載っているわけではなかったので、
もしかするとレア魚かも!?

キタマクラが釣れた時のこと

私(うちのママ)が、キタマクラを釣った時のことです。
場所は、神奈川県の小さな漁港(なぜか有料)で、天気も良くのんびりと出来るところだったので、 2時間位は釣りを楽しんでいました。
ここには、初めてきたので何が釣れるかワクワクドキドキ!

すると、やはり珍しい魚がヒット!
「この魚は何だ?何だ?」と子供たちと一緒に騒いでいると
ママが「ヒットーーー!」と大声で雄たけびをあげた!
なかなかいい引きを見せつけていたので、子供たちと一緒に駆け寄ると、 釣れたのは、これまた珍しい?実物を見たことがない「キタマクラ」!!!
海釣りに行く前に毒魚について予習していた私は、すぐにこの魚がキタマクラであると感じたため



「さわるな!!!」



と思わず大声をあげた。

そして釣り上げた状態のキタマクラをじっくりと観察・・・。
「やはりこれはキタマクラだ。」と子供たちに報告。
子供たちも物珍しそうにじっくりと見ていた。
魚体は、何とも不気味で青く光るまだら模様が印象的! 目はぎょろっと大きく、歯は、カチカチで今にも釣り糸が切れそうだ。


そして毒魚と聞くだけで、触りたくなくなる私。


針外しを手にとり、海にリリース(返した)。 写真は何とか一枚だけ撮れた(釣り上げた状態だとくるくる回ってうまく撮れない・・・。)ので、 私たちの魚図鑑にレア魚が追加された。

<ポイント>
  • うちのママが釣ったキタマクラ!
  • 珍しい魚?レア魚?!
  • 毒魚に怖気づく気弱な私!
  • 青く光るまだら模様が何とも不気味!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP