豆アジが釣れた!

ここでは、豆アジの
「データ」「仕掛け」「釣り方」「釣れた時のこと」
が書いてあります。
豆アジは、新潟県では比較的よく釣れる魚で、100匹以上も釣って持ち帰る釣りおじさんもいるほどです!

豆アジについて

スズキ目:アジ科
名前マアジ(豆アジ)
体長約10cm
食味★★★★★/美味
食性アミエビやオキアミなどの動物性プランクトン
釣れた場所新潟県の漁港。岸から2m/水深2m
釣れる場所漁港や堤防(新潟県では、生息確認済)
日本各地の海域
特徴一般に35cm以上を大アジ、25cm程度を中アジ、20センチ未満を小アジ、 10cm程度を豆アジやジンタと呼んでいるようです。豆アジは小さなアジですが、から揚げにして食べるとおいしい魚です。 群れが回遊してくれば小さな子供たちでもじゃんじゃん釣れちゃうよ!

豆アジに似ている魚

スズキ目:アジ科全般
「マルアジ」「アカアジ」「ムロアジ」「メアジ」「オニアジ」などなど

スズキ目アジ科全般、豆アジ(マアジ)によく似ています。
その中でも一番のそっくりさんは、「メアジ」のように感じます。
拡大写真が載っている魚図鑑でよく見てもその違いが判らないほどです。

豆アジの仕掛け

<サビキ釣り仕掛け>

豆アジの仕掛けは、サビキ釣り仕掛けが一番と思います。
サビキ釣り仕掛けと言ってもたくさんの微妙な違いがあるのが特徴です。
仕掛け自体のメーカーの違いや重りを付ける位置の違い、コマセかごを付けたり付けなかったりと 同じ仕掛けを使っている人などいないと思うほどです。
なので、上記の図で書いてある仕掛けはそのうちの一つ程度と思ってください。
また、釣り針はとくに重要であると感じます。
私の場合は釣具屋さんに売っている一番小さな針を使っています。

サビキ釣りについてはこちら➡サビキ釣りとは何?

サビキ釣り仕掛けの詳しい釣り道具については、こちら➡ サビキ釣り仕掛けにオススメの釣具とは?

豆アジの釣り方

豆アジの釣り方は、豆アジがいるところに仕掛けを投げ込めば釣れます。
あまりにも当たり前のこと過ぎて笑われるかもしれませんが(笑)
私が海釣りを始めてから気づいた一番重要な点です。
豆アジは回遊魚(その場にじっととどまっている魚ではなく、環境の変化に応じて生息場所を移動する魚) なので回遊してきた時にこそ釣りができるターゲットになります。

「今日は釣れないねぇ~~。」
と釣りおじさんがよく言っている様子が目に浮かんできます。
そして豆アジ(マアジ)が回遊してきた時にいかにして豆アジ(マアジ)をその場にとどめさせておくのか? というのも釣り方のポイント!

豆アジは一人で勝手に泳いでいるような個人プレイ魚タイプはあまりいなく、 みんなで一緒に泳ぐ集団行動魚なので、集団が目の前を通過してしまうと釣れなくなってしまうのです。

この豆アジは漁港や堤防のすぐ際まで回遊してくるので、仕掛けを遠投しなくとも岸際でも釣ることができるので、 小さなお子様にも釣りやすい魚と言えます。

<ポイント>
  • 豆アジの釣り方はサビキ釣り仕掛けがおすすめ!
  • 釣り針の大きさが重要なポイントだよ!
  • 豆アジ(マアジ)は回遊魚!
  • 小さなお子様にも釣りやすい魚だよ!

豆アジが釣れた時のこと

私たち家族が海釣りに行こうと思ったきっかけが
「さあ!みんなでアジを釣ろう!!!」
と思ったことでした。
なので、仕掛けは釣れると評判の高い「サビキ釣り仕掛け」をみんなでセットし、 いざ新潟県の漁港へ!
初めの頃は全然釣れなかったのですが・・。それはさておき。
何回かチャレンジした後の豆アジを釣った時のことです。

今日はちょっと遠くまで足を運び大きな漁港へ。
到着してみるとたくさんの釣り人でいっぱいの漁港。
「これは釣れるんじゃないか!!!」
期待感が一気に膨らむ。
さっそく海をのぞき込んでみると、なんと小魚がたくさん!
「うわーーーー魚がいっぱいいるよ!!!」
と子供たちもテンションが上がる。
「パパ!早く釣りしたい!」と今までにない好反応。
仕掛けをセットするのはパパの仕事になっていたので、 急いで子供たち2人分とママの分をセットする。
そしてコマセ(まきエサ)をバケツに入れようとすると 横からコマセかごが2つ伸びてきて、コマセを奪っていった・・・。


「なんとせっかちな!」
横から伸びた手は、長男とママ。
われ先にと仕掛けを海に投げ入れる。
「ドボンッ!」「ドボンッ!」
「さあーどうだ!!!」




「・・・・・・・・・・・。」




「ビビビビビビビビビビ!」とママの竿が震えた!!!
「ぎゃーーーーーー!!!!」とママのでかい雄たけび。
釣れたのは我々が目指していたあの「アジ」だ!
「やったぁーーーーーー!!!」とみんなで大喜び!
そして私と次男が初めて見るアジに夢中になっていると

長男の竿にもヒット!
なんと数珠なりだ!5本針中3匹かかっている。
「お~~~すげ~~~~!!!!」
それからはもうじゃんじゃん釣れるお祭り騒ぎ!
ここぞとばかりにママと長男の竿に力が入る。

魚を仕掛けから外したり、コマセかごにエサを入れるのはパパの仕事?

なので、ママと長男は「カツオ漁」のように「よいしょよいしょ!」と釣り上げるだけだ。
バケツが豆アジで一杯になるが、2人とも釣竿を放そうとはしない・・・。
するとしばらくして豆アジ集団がどこかへ移動すると竿の反応が止まる。



「あ~~~~~楽しいね!!!!」



と2人とも意見が合致。
それはそうだろうね・・・・。後始末は全部私がやっているのだから・・・・泣。

<ポイント>
  • やっと釣れた!アジGET!
  • 釣り人の多さにテンションアップ!
  • はやる気持ちを抑えられないママと長男の手が伸びてくる!
  • まるで「カツオ漁?!」

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP