釣り糸の結び方|図解「チチワ結び」釣具の結束に便利な輪っかを作る

釣り糸の結び方「チチワ結び」(別名:8の字結び) 一本の糸から「輪っか」を作る結び方になります。
釣具の結束には「輪っか」が作れると大変便利!
「サルカン」「ブラクリ仕掛け」「重り」などの釣具の輪っかに➡ 釣り糸の輪っかを通し➡釣具を通せば➡簡単に結束することができます(o^―^o)ニコ
釣り糸の輪っか同士も同じように簡単に結束できるので ぜひ覚えておきたい結び方の一つになります。

ここでは「チチワ結び」の2種類の結び方を図解で掲載しています。

釣り糸の結び方【図解】|簡単「チチワ結び」

それでは「簡単チチワ結び」について詳しく見て行きます。

・釣り糸の本線は、長いままで良いので釣り糸の切れ端部分を「スーッと」伸ばして(20センチ位)で折り曲げます。
・折り曲げた切れ端と本線を交差させ、左手の親指と人差し指で交差した部分をつまみます。➡輪っかが出来る。
・出来た輪っかを閉じるように、2本の糸を右手の親指と人差し指でつまみます。
(折り返した2本の糸を左手と右手で伸ばすイメージ)

・糸を伸ばしたら、右手でつまんでいる部分を左手に近づけ、上図のように二重の輪っかを作ります。
(糸の弾性を使うか、中指を輪の中に入れるとやりやすいです)
・輪っかは、上方向に出来るときや下方向に出来るときがありますが、 まずは図のように、右手の糸が本線の上に乗るようにして交差部分を左手で押さえます。
(左手で4本の糸を同時に持つ)

一回転させた糸を二重輪っかの下から入れて、上に出るように糸を通します。

両手を糸から離してみて、図のように8の字が出来ていれば成功です!
・図の左側の糸(本線と折り返した切れ端の2本の糸)と右側の糸(一本の輪っか) をゆっくりと同時に左右に引っ張り、糸を締め込んでいきます。
※輪っかの大きさを変えたい時は、この時に調整。

最後に「グッ」と糸を締めて、糸の切れ端を結び目から5㎜位を残してカットすれば、簡単チチワ結びの完成です!

釣り糸の結び方【図解】|強度アップの「チチワ結び」

以降で「強度アップのチチワ結び」について詳しく見て行きます。

ここまでは、一つ上の掲載記事「簡単チチワ結び」と同じ
・二重の輪っかより一本の輪っかの方が大きくなるように右手で輪っかの先端をつまんで引き伸ばします。
(以降の手順で、引き伸ばした糸を巻き付けていくので長めの方が良い)
※この輪っかは、下方向(右手の糸が本線の下)でもできますが、以降の糸の結び方がすべて反対方向となります。

右手で引き伸ばした糸を二重輪っかの根元を回るように一回転させます。
※2回転や3回転させるとより強度が高くなります。

この時、一回転させる糸が、左手の人差し指の先端に軽く巻かれるくらいが良いです。

一回転させた糸を二重輪っかの下から入れて、上に出るように糸を通します。

両手を糸から離してみて、図のように真ん中に8の字が出来ていれば成功です!
・図の左側の糸(本線と折り返した切れ端の2本の糸)と右側の糸(一本の輪っか) をゆっくりと同時に左右に引っ張り、糸を締め込んでいきます。

最後に「グッ」と糸を締めて、糸の切れ端を結び目から5㎜位を残してカットすれば、強度アップのチチワ結びの完成です!
結び目の強度としても、かなり高いのでオススメの結び方になります(o^―^o)ニコ

釣り糸の結び方【図解】|「チチワ結び」をサルカンに繋ぐ

上記でできたチチワ結びを使うと簡単に「サルカン」と糸を繋ぐことができます。
スナップ付きサルカンの場合は、スナップを外してチチワを通すことで糸を繋げることができますが、 サルカンのリング(輪っか)部分にも簡単に糸を繋げることができます。

サルカンのリング(輪っか)の中にチチワ結びで結んだ輪っかをくぐらせ 外側からサルカンを通すことで糸とサルカンを繋げることができます。
釣具(ブラクリ仕掛け、重り)などの輪っかの他、 糸同士の直結(繋げる糸の両方にチチワを作る)にも適用でき、 糸を直接結んでいるわけではないので、緩めれば糸を外すこともできます。

<ポイント>
  • チチワ結びは、簡単かつ結束強度が高い
  • 道糸に結んでおくと釣具の取り外しが楽ちん
  • よく切れてしまうハリス付き針の結束にも便利

まとめ

いかがでしたでしょうか?
チチワ結びは結び目の強度が高く、簡単に結ぶことができるので 覚えておいて損はないと思います(o^―^o)ニコ

次のページでは、上記のチチワ結びを使った「サッとほどける結び方」 や「のべ竿の穂先に結ぶ方法」を掲載しています。
こちらもオススメな結び方なのでよかったら見てみてください(o^―^o)ニコ

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP