釣り糸の結び方|図解「ユニノット」サルカンやジグを繋ぐ結び方

サルカンやジグなどのリングに糸を繋ぐときの結び方「ユニノット」 と「強度アップのユニノット」について図解していきます。
ユニノットは、簡単に糸を結ぶことができる上、結束強度が安定しやすい利点があります。
また、ユニノットを2つ組み合わせることで糸と糸を繋ぐ結び方 「電車結び(ダブルユニノット)」を結ぶことができるので ぜひ覚えておきたい結び方になります(o^―^o)ニコ

釣り糸の結び方【図解】|「ユニノット」サルカンやジグを繋ぐ結び方

それでは、サルカンやジグに結ぶ「ユニノット」を詳しく見て行きます。

・図のように、糸を結ぶリングに2回糸をくぐらせ、 切れ端部分が20㎝位余るように糸の長さを調節する。
※くぐらせる糸の向きはどちらでも構わない

・図のように、下方向に輪ができるように切れ端を折り返し、 2本の糸(折り返した糸と本線)の上に乗せた後、 交差部分(図の黒丸)を左手の人差し指と親指でしっかりと押さえる。
※本線の下を通すと以降の結び方が逆となるので注意
※本線へ交差後に糸の切れ端が10㎝位余るように糸の長さを調節する

・本線と折り返した糸を巻き込むように
「奥➡手前➡奥」と繰り返し、糸を4~6回巻き付ける。
(1回転させた後は、切れ端先端を左方向へ向け、 右手の人差し指先端に切れ端を沿わせて、 巻いていく中央の2本の糸を支点に、右手首を回転させると グルグル巻くことができます)

・切れ端をゆっくりと引っ張り、軽く締める。
(左手で押さえていた部分が外れ、結び目が小さくなっていく)
※糸をきつく締めすぎてしまうと結び目が移動しづらくなるので注意

・図の黒矢印部分(結び目先端)を左手の指先でつまみ、左方向へ
・本線を右手で掴み右方向へゆっくりと引っ張る
(結び目が左方向へ移動する)
※摩擦で糸がヨレてしまわないように唾液で糸を締めらせておくのがポイント!

結び目をリングにドッキングさせた後、糸を締め込む。

余った糸の切れ端を3㎜位残してカットすれば「ユニノット」の完成です!

釣り糸の結び方【図解】|「強度アップのユニノット」

続いて、強度アップのユニノットを図解していきます。
単体のユニノットだけでも比較的結束強度が高いですが、 青物や大型の魚(30㎝以上)を狙う場合や 20g以上のジグを使用する際には、魚を取り逃がすことのないように 摩擦系のノット(結び)を加えることで強度アップを図ることができます。
ここでは、ユニノットに「ハーフヒッチ(補強用摩擦系ノット)」を加えていきます。
※ハーフヒッチは 「FGノット」にも使われるとても補強効果の高い結び方になります。

結び終えた後の糸の切れ端が20㎝位余るように長めに結んだユニノットを用意します。
・切れ端先端に「コブ」(チチワ結び)を結びます。
※「コブ」は、次の工程から3方向(右手、左手、歯)に力を入れる際、 コブを歯で挟みやすくするためのものになります。

ハーフヒッチ①> 図のように、本線に糸を巻き付けるように
・「奥➡手前➡奥」と通します。
※ここから3方向へ力を入れていきます。
1.ユニノットの結び目を左手で左方向へ
2.コブを「歯」で挟み上方向へ
3.本線を右手で右方向へ
・図の黒丸部分の結び目を 左手の人差し指と親指でしっかりと押さえ、 2と3の糸を強く引っ張ります。
※糸同士の摩擦で糸がヨレてしまわないように ユニノットの結び目の根元でしっかりと結ぶことがポイント!

ハーフヒッチ②> 図のように本線に
・「手前➡奥➡手前」と通します。
・先ほどと同様に3方向へ力を入れ、 しっかりと強く引っ張り糸を締め込みます。
※ハーフヒッチ①とは結び目が反対になります。
※特に3の本線の結び目の根元を左右に動かして 結び目の隙間を埋めることが強度アップに繋がります。

ハーフヒッチ①と②を1セットとし、 5~10セット繰り返します。

エンドノットとして、1つの輪に2回糸を通し、 しっかりと糸を締め込みます。

最後に、結んだ糸の切れ端を3㎜位残してカットすれば、 強度アップのユニノットの完成です!
ハーフヒッチは、しっかりと力を入れて結ぶ必要がありますが、 簡単かつ結束強度が高く「電車結び」にも応用できるオススメの結び方になります(o^―^o)ニコ

もし、ハーフヒッチがきれいにできない場合は、 こちらの記事を参考にしてみてください➡ 釣り糸の結び方|図解「ハーフヒッチ」結び目を補強する結び方

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ユニノットは、簡単に結ぶことができて結束強度が安定しやすいメリットがあるので、 海釣り初心者の方にとてもオススメな結び方になります(o^―^o)ニコ
輪の中に糸を4~6回巻き付ける結び方を覚えると ユニノットの他にも「電車結び」「リールのスプール」「ウキ止め」 にも同様に結ぶことができます。
次のページでは、 ウキ止め糸を使った「ウキ止め糸の結び方」を図解していきます。
よかったら見てみてください(o^―^o)ニコ

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP