⑤海釣りに行く時の子供たち必須アイテム!

海釣りに行く時の子供たち必須アイテムを紹介します。

小さな子供たちは、海釣りだけに夢中になり続けることはまずありません。

魚が釣れなくなれば、あっち行ったりこっち行ったりとパパやママは、大忙し。 せっかく遠いところまで来たのに、「もう帰る」と飽きてしまうこともしばしば。

パパやママの釣りをする時間が持てませんよね! そんな時に持っておくと良かったアイテムを書いてみたのでよかったら見てみてね!

小さな子供たちは、色々なものに興味津々!

小さな子供たちは、魚釣りだけでなく色々なものに興味津々ですね!
鳥がいれば、鳥を追いかけ、カニがいれば捕まえたくなる。「パパ!カニ取って!」 貝やヤドカリ、ウニやフナ虫、トンボにチョウチョ、興味がわけば、思うがままに行動することでしょう。

色々な生き物を見たり、捕まえたりする子供たちの姿を見ているととてもうれしい気持ちになりますが、 あっち行ったりこっち行ったりでは、釣竿や道具をその都度に片づけなくてはならなくパパやママは、大変!
そんなこんなで、家族と行く初めての海釣りでは、釣りにならないことがあることを覚悟しておくと良いかも?(笑)

私たち家族が海釣り施設のある漁港に海釣りに行くと小さい子供を連れた、同じような家族をよく目にします。 そして、ほとんどのパパやママが、てんやわんやになっています。

冷静に子供たちの行動を楽しんでいる方はごくわずか。他には、小さな子供をまるで放置している親までいることにびっくりする。 不思議なことに今まで子供が海に落ちたところを目撃したことはありませんが、もし落ちてしまったらと思うとぞっとします。 万が一海に落ちてしまった時のことを考えて、子供たちには、ライフガードを必ず着用させてくださいね!

また、子供たちの興味は、大人が普段、気が付かない感覚を持っています。
「鳥の目、虫の目、魚の目」
色々な角度からものを見ることはとても大事なことですね! 子供たちの興味につき合ってあげつつ、自分のために海釣りも満喫できると良いですね!

<ポイント>
  • 「パパ!カニ取って!」
  • 子供の興味にパパやママは大変!
  • 「鳥の目、虫の目、魚の目」

小さな子供たちは、魚が釣れないとつまんない!

大人もそうですが、小さな子供たちならなおさら、魚が釣れないと
「つまんないっ。」
いつ魚が釣れるかわからないドキドキも大人にとっては、おもむきぶかいのですが、 小さな子供たちにとっては、すぐに魚が釣れないとつまんないようです。

私たち家族の場合、釣りがよほど下手だったため、初回、2回戦目、3回戦目と惨敗! 何も釣れなかったため、子供たちは完全に釣りに興味を持ちませんでした。 ・・・が、釣れるようになると興味津々!しかし、魚釣りも釣れない時や釣れない時間があり、 釣れるまで待つことも多いです。この待つ時が、子供は待てません。

ビクッ!ビクッ!と竿に反応があれば、針に魚がかかるまで待つことは出来ますが、 うんともすんともいわず、ただじっと竿を持っていることは5分と持ちません。 こんな時に、子供たち必須アイテムの登場です!

子供たちが必須アイテムで遊んでいる間、私は釣りを満喫し、魚が釣れるようになったら 子供たちと一緒に魚釣りを楽しみます。

初めての海釣りでは、うまくいかないことも多いと思いますが、回を重ねるごとに海釣りの楽しみが、増していくと感じます。
小指位の小さな魚からはじまり、30センチ、70センチと大きな魚が釣れるようになるところも魅力の一つです!

魚が釣れないとつまんないので、釣れない時のために、子供たち用に必須アイテムがあると 子供たちを飽きさせずに海釣りを楽しむことが出来るのではないかと思います。

<ポイント>
  • 魚が釣れないとつまんない!
  • 小さな子供は待てないよ!
  • 魚が釣れるようになったら呼んでね!
  • その間は、必須アイテムで遊んでいるよ!
  • パパ頑張ってね!!

釣り以外のお出掛けポイントを設ける!

釣り以外のお出掛けポイントを設けることも大事です!
子供たち用の必須アイテムだけでは、間が持たない場合やパパやママが魚が釣れないことによる疲れを感じたら、 ちょっと気分転換に釣り以外のお出掛けもしてみましょう!

例えば、水族館や温泉、海で泳いだり、デパートに買い物に行ったりとちょっと釣りから離れると 気分もスッキリ!子供たちも元気に釣りを楽しむことが出来ます。

初めて家族と行く海釣りでは、釣竿の準備や後片付けなどで時間をさいてしまい、釣り以外のお出掛けをする余裕がないかも・・・。
ちなみに、私は全然余裕がなかったです!

お出掛けポイントを設ける際は、近くにあるお出掛けポイントを下調べしておくのは重要ですが、 出発前に予め行くところを決定するのではなくて、海釣りをしてみた様子で、次の行先を決めていく方が良いと思います。 先に行くポイントを決めてしまうとせっかくの海釣りの醍醐味(私の場合)

「時間を忘れて、

余計なことは考えず、

海の気分を味わいながら、

ただひたすらに魚釣りに没頭する。」 が、味わえない!!!

「あれっもうこんな時間!」
「ちょっと魚も釣れないし、違うところにお出掛けしようか?」
という方が好きです。 いつも時間を気にして過ごしているせいか、こういう時間の感覚を忘れるくらい没頭できるって素敵!

<ポイント>
  • 必須アイテムだけでは間が持たない!
  • 先に予定を決めないで!
  • 海釣りの醍醐味が味わえない!
  • 私のことは・・・・・!

飽きさせない子供たち必須アイテム!

家族と行く初めての海釣りでは、子供たちは大はしゃぎだろうと思います!
海をのぞき込み何がいるのかワクワクドキドキ! そして、いざ魚釣りを始めるとどうでしょう? 魚がじゃんじゃん釣れるようなら小さな子供たちも釣りに夢中になるでしょう。 しかし、全く釣れないとしたらすぐに飽きてしまいます。

ただ海に向かって竿を出すよりも海の中を泳ぐ魚を見たり、カニやエビ、などの他の生き物を発見、捕獲する方が楽しいでしょう。 しかしこれも長くは続きません。 1時間や2時間すると
「もう帰る。」
と言うかもしれません。 海まで近距離の方は、これでもよいでしょう。 しかし、私みたいに長距離の場合、「せっかく来たのだからもう少し釣りをしていきたい」 と思うのではないでしょうか?(そう思うのは私だけ?)

そんな時、魚釣りとは関係のない、子供たち必須アイテムがあると重宝します。 子供は、とても気分屋さんなので、「魚釣りはもうしない」と言っていても 気分が変わればまた、魚釣りを始めることが出来るようになるでしょう。 その子供たちのモチベーションを変化させるためにも子供たちが好きなものをアイテムとして持っていくと良いと感じます。

参考までにいくつか紹介します。
・折り紙、風船、シャボン玉、紙と色鉛筆、オセロ、トランプ、ゲーム、魚図鑑、虫網、水鉄砲、透明な飼育ケース、etc・・・。
子供たちが今はまっているものが良いですね!

それと忘れてはならないのが、3時のおやつ! あまいお菓子を食べるだけで、ころっと気持ちが変化します。 各ご家庭で、子供たちの必須アイテムは、違ってきますが、 「お出掛けだからゲームはダメ!」と言わずに、持っていくと良いと感じます! また、魚図鑑は、釣れた魚がわかるので持っておくと子供たちも興味を示しますよ。

そして、釣れた魚を透明な飼育ケースに入れることで、近距離で魚の様子を見ることが出来るのでお勧めです!
魚がどのようにして泳いでいるのか?
魚のエラはどうなっているのか?
口をパクパクしているのはなぜ?
子供たちは自然と興味を持つことでしょう。

いつも食べている魚が、どうなっているのか?
スーパーに売っている魚とは違い、生きているので動きます!

本物を見たり、触ったりする体験をせずに、飽きたから帰るのでは、もったいないのでは?
飽きたから帰るのではなく、家族そろって満足してから帰りたいものですね!

<ポイント>
  • 魚が釣れないから「もう帰る」
  • 「もうちょっと待ってて!」
  • 「じゃあ、シャボン玉でもしようか?」
  • 「いいよ!」

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP