⑦小さな子供たちと行く海釣りの服装とは?

家族みんなの海釣りの服装にも気を配りましょう!
海釣りの服装は、何でも自由ですが、あまりにも軽装で行くと後悔することもあるので注意しましょう!

特に半ズボン、サンダルなどの格好では、針が足に刺さったりととても危険です。
「釣りの達人の格好をするべき」とまでは、言いませんが、きちんとした服装で釣りをすることで 家族で安心して海釣りを楽しみましょう!

釣り針の危険性
その①半ズボン、サンダル

釣り針は、刺さってみるとわかると思いますが、かなり痛いです!
なので、釣り針の危険性について実体験を交えて説明していきたいと思います。

その①半ズボン、サンダル
夏場のとても暑い時期の場合、つい半袖、半ズボン、サンダルの軽装で海釣りに行ってしまう方も多いと思います。 実際、漁港などの防波堤付近では、長ズボンを履いている人が、珍しいくらいです。 釣り上級者などで、ある程度知り尽くしている方は、良いかもしれませんが、
ここでは、小さな子供たちと行く初めての海釣りと題しているので、 この様な軽装では、オススメできません。

「暑いから」「子供が嫌がるから」などの理由でも、半ズボン、サンダルではなく、きちんと長ズボン、きちんとした靴(出来れば長靴) が、本当に良いと思います。長靴が良いというのは、前のページでも説明しましたが、海水で靴が濡れてしまうことが多い為です。

なぜ半ズボン、サンダルが、オススメできないのかというと、 もちろん、釣り針が足に刺さることが多い為です。
特に、初心者(私もそうですが)の方が、サビキ仕掛け(一本の糸から枝分かれしたような針が5~7個付いている仕掛けのこと)を 足に刺してしまっていたり、ぐるぐる巻きに足に絡ませて(痛い・・・。)しまっている人をよく見かけます。

小さな子供たちが、刺さってしまうことが多いですが、大人の方もよく見かけます。 サビキ仕掛けの針は、5㎜位と小さな針が多いですが、それでも足に刺されば痛いし、抜けない・・・。

なぜ釣り針が足に良く刺さるのかと言えば、針が足元付近にあることが多い為です。 竿を持つ時、竿を置くとき、釣り上げた魚を回収する時、サビキ仕掛けにエサを付けるときなどで、 足元に針が近づくことが多いのです。

また、小さな子供たちに多いのが、地面に置いてある竿と針に気付かず、蹴飛ばしてしまったり、 放置されたサビキ仕掛けに、足を絡ませてしまうことです。 そんな時に、半ズボン、サンダルでは、どの位痛いことになるか想像できるはずです。

小さな子供たちの安全を図る意味でも長ズボン、長靴などのきちんとした服装で海釣りに臨みましょう!

<ポイント>
  • 半ズボン、サンダルでは釣り針が足に刺さるよ!
  • 特に小さな子供は、きちんとした服装で!
  • 長ズボン、長靴で行こう!
  • 竿を置く時には注意してね!

釣り針の危険性
その②サングラス

釣り針の危険性その②として、サングラスについて書いてみました。
「目の保護」の意味としてできればサングラスを着用した方が良いと思います。 釣り人がよく身に付けているサングラスは、普通のサングラスとはちょっと違い、「偏向サングラス」という 特殊な加工が施してある、水の中がよく見えるサングラスとなります。 海面の波が、光に反射して通常では、水の中がよく見えないのに、この偏向サングラスを使うと良く見えるそうです。

私は、3,000円位のちょっと良いであろうものを購入してみましたが、イマイチその成果が得られなかったけど・・・。 あまり安いものでは、意味がないのかもしれないけど参考までに。

この偏向サングラスは、高価なので、目の保護の意味としては、通常のサングラスで構いません。 「万が一」のことを考え、着用することを検討してみて下さい。

ゴルフをやっている方は、一度は、聞いたことがあると思いますが、後ろに人がいることに気が付かないで、 フルスイングして、あごの骨を骨折させた。または、歯がボロボロに砕けた。という惨事が、度々起こってしまっているようです。

これと似た危険性が、釣り針です。 後ろに人がいないかよく確認せずに、竿をフルキャスト。 針が、根がかりした時に、無理に竿をふり抜き、顔面めがけて針が飛んできた。 など、海釣りによる釣り針の危険性は、高いものであることを子供たちにもきちんと説明しましょう!

子供たちからすると「新しいおもちゃを手に入れた!」感覚があるのかもしれませんが、 「釣り針は危険なんだよ!」ということを丁寧に説明してあげましょう。

もし、釣り針が、目に刺さってしまったら大参事! そうならない為に、サングラスは、あった方が良いと感じます。

<ポイント>
  • 偏向サングラスは、高価なので
  • 普通のサングラスで代用!
  • 目に刺さったら大参事!
  • 安全な海釣りの服装を!

ライフジャケットの重要性

海釣りの服装では、必ずライフジャケットを着用しましょう!
子供は、もちろんのこと大人の方もぜひライフジャケットを着用してください。 小さな子供は、大人たちがどのような行動をしているのかよく見ています。

「大人が良くて子供はダメ」では子供たちは納得しないでしょう。

それよりも大人が手本となることで子供たちも素直に耳を傾けることでしょう。 「パパは泳げるからライフジャケットは着ないよ」などと言っていると思わぬ大惨事となりかねないことも キチンと頭に入れておきましょう。

そもそもライフジャケットは、もしもの時の必須アイテムです。 もしもとは、例えば、急に貧血になって海に転落してしまう場合や脳梗塞などの急に意識を失ってしまった場合、 小さな子供が海に転落してしまった場合など予測を上回る不測の事態のことを指します。

もし仮にこの状態(意識がない)で大人が海に転落した場合、助けてあげられる人がどのくらいいるでしょうか? 訓練を受けた特殊部隊の人でさえ一人で無意識の大人を海から助け出すことは容易ではないでしょう。 実際の所、釣り場にそんな特殊部隊がいるとも思えません。

私は、スイミングを習っていたこともあり水の怖さがよく理解できます。水の中では子供一人担いで泳ぐことは至難の業なのです。 私なら10分と持たないでしょう。それが大人とあらば一人では絶対無理!

「自分が着ているライフジャケットを使えばいいじゃん!」

簡単に言ってくれますが、意識のない大人が海に転落した場合、まず間違いなくあっという間に沈んでいくことでしょう。 この状況では逆に着ているライフジャケットが邪魔になってしまうので脱いでから助けに行くことでしょう。
「沈んでいく大人の人間を海面まで引き上げられますか?」
「海面まで引き上げたとしてそのあとは?」
「どうやって岸まで上がる?」
漁港などでは岸際に階段が設置してある所もありますが、もしなかったら?

ちょっと怖いことを言いましたが、家族と行く海釣りでは、小さな子供たちのことも考えて 安全で楽しい海釣りにするためキチンとライフジャケットを着用した、かっこいい服装をしましょう!

<ポイント>
  • 海釣りの服装ではライフジャケットを!
  • 不測の事態にも備えよう!
  • 特殊部隊に頼らないで!
  • かっこいい服装を心掛けよう!

季節別による海釣りの服装

春夏秋冬、季節別による海釣りの服装。
日本ならではの四季を楽しむことはもちろんのこと、海釣りの服装にも四季を感じましょう。

「春」
桜が花咲く心地よい季節ですね!小さな子供たちがいるご家庭では、入学式、卒業式とあわただしい毎日でしょう。 子供の成長を得に感じることのできる春。 天気の良い日なら海釣りにも絶好の季節です。春先では、まだまだ冬の寒さが残ることもあるので、 寒さ対策も万全に整えましょう!春といえども海沿いでは海風が冷たいです。防寒着、ホッカイロなどで 寒さをしのごう!

「夏」
夏真っ盛り!ともなれば海で泳ぎたくなるくらい暑いでしょう。 そんな時、海釣りの服装としては、「半袖、短パン、サンダル」ではダメですよ! いくら暑くとも短パンとサンダルだけはやめましょう。先にも述べましたが、針が刺さってケガしますよ! 長ズボン、長靴でしっかりとした海釣りの服装をしましょう!

「秋」
秋は、子供たちのマラソン大会がありますね!全国共通なのかなぁ? お芋ほりなどの収穫の時期でもあるでしょう。 ぜひ魚も収穫できるよう頑張って海釣りに励みましょう! だんだんと寒さが身に染みてくるこの時期。 温かい飲み物を用意して、あったかい服装で秋の夜長釣りを楽しみましょう!

「冬」
冬は魚に脂がのっておいしくなる季節。 新潟県では、雪が大量に降るので足を運びにくい季節となりますが、 寒さを気にせず、これでもかという位の防寒着着用&熱い飲み物ゲットして 冬ならではのおいしい魚を釣りに行きましょう! (我が家では、もちろんパパ以外家族全員猛反対ですが・・・(笑)。)

春夏秋冬、子供の行事もたくさんありますね。 その季節にあった行事に加え、家族との海釣りも季節ごとに釣れる魚が違うので楽しいです!

海釣りの服装は、けっこう迷いがちと思いますが、寒くないように準備し、 雨具なども取りそろえ準備万端で臨みましょう!

<ポイント>
  • 春夏秋冬、季節別の服装!
  • 子供の行事とシンクロ!
  • 海釣りの服装は準備万端に!
  • 海釣りの四季を感じよう!

おしゃれな海釣りの服装

せっかく海釣りに行くのであればおしゃれな服装にもこだわりたいところです!
海釣りの服装がおしゃれならそれだけで気分は上昇!

昔からあるいわゆる「釣り師」の格好をイメージされている方も多いと思いますが、 服装に一工夫するだけで、おしゃれになる服装も多くなってきています。

例えば、帽子だけかわいいものにするとか、防寒着として羽織るのであれば、ちょっとお値段の高い物を買ったり、 スタイルが良ければ、細いズボンをピタッと履いたりと自分へのご褒美として探してみるのもわくわくしますよね!

おしゃれな服装ばかり目がいってしまうと肝心の海釣りがやりにくくなってしまうので注意してね! 基本的には、動きやすい服装やビラビラしていない洋服が良いと思います。 服装が、風を受けてビラビラしてしまうと釣り針がかかりやすくなるし、竿が振れないよ。 なのでなるべく「ごわごわ」しているものより「ピタッと」しているスポーティな感じが良いかな。

特に、おしゃれな海釣りの服装をしている女子は、かわいいよね! 女子の服装の場合は、釣具屋さんに行って服装を探してもなかなか良いものがない場合も多いので、 ネットで色々と探索してみると良いよ。 おしゃれな服装を選ぶ時は、釣り専用の服装だけを購入する必要はないので、釣具屋さん以外も参考にしてみると良いよ! おしゃれな服装で気分を上げて海釣りを楽しみましょう!

パパは、ママの気分を上げるためにもここでちょっと良いものを購入するのも得策では!?

<ポイント>
  • おしゃれな海釣りの服装をしよう!
  • おしゃれに一工夫!
  • おしゃれ女子はかわいい!
  • パパはママのためにも!

家族と行く
初めての海釣り
について

家族と行く初めての海釣りでは、小さな子供たちと一緒に普段なかなか味わうことのないドキドキや興奮、喜びを家族みんなで感じてもらえたらと思い作成しています。 私が初めて家族と海釣りに行ったときには、本当に何も釣れなかったので参考になってもらえれば幸いです。

PAGE
TOP